顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【北海道関連パッケージ3連発ショートコント風にご紹介!】
2016年05月26日

【北海道関連パッケージ3連発ショートコント風にご紹介!】

札幌で目覚めました。
出張中はホテルの部屋で限界まで起きているのが癖です。
ちゃんと寝ないといけませんね!

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

ちょっと今日はせっかく北海道なので、過去に紹介した北海道パッケージを3連発ショートコント風に紹介させて頂きます!

その1
【NORTH FARM STOCK(ノースファームストック)の「北海道バーニャカウダ」のシールパッケージ】

NORTH FARM STOCK(ノースファームストック)
「北海道バーニャカウダ」

見ての通り、可愛いパッケージですね!
白のシールの中央に、抜き型の工夫で中が見えるようにしています。


その抜き型は「にんにく」と「小魚」という中身をイメージさせるもの。
そしてこの配置!
なんとなく「人の顔」にも見えてきませんか?

その2
【物語を語るようなパッケージ「おさかなのたまご」(北海道の井原水産)のインパクトあるパッケージ】

パッケージには見た目と伝える工夫が大切!


おさかなのたまご(北海道の井原水産)

ズバリ!
本型パッケージ!

パッケージを開封する、つまり本を開けると、内側に商品解説が!
「なんにも商品のことを知らずに食べられる」のと
「ちゃんと商品のことを知って食べる」のと、
きっと味の感じ方が変わります!

その3
【北海道でお土産で買ってきました。「カニのツメ」はパッケージが秀逸ですね~。】

北海道土産 カニのツメ (2)

「カニのツメ」
単純に笑いますね~。
袋パッケージの印刷と、中身商品の形状がうまくマッチして、本当のカニの爪の様に見えます!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 1 =

ページの上部へ