顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージ版「悪魔の辞書」で、「贈答品」と「パッケージ」を解説してみました!】
2016年05月29日

【パッケージ版「悪魔の辞書」で、「贈答品」と「パッケージ」を解説してみました!】

「愛国心(patriotism)・・・自分の名声を明るく輝かしいものにしたいと野心を持つ者が、たいまつを近づけると、すぐに燃え出す可燃性のもの。」
これは「悪魔の辞典」という辞典に書かれている用語解説の一例。

他にも
「会社(corporation)・・・個々の人々が、責任を伴わないで、それぞれ自己の利益をあげ得るように工夫された巧みな仕掛け。」
など、皮肉に富んだ解説がずらり!
よく、こんな辞書が発行できたものだ(笑)

akmc
おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。
なるべく、心安からにいきたいと思ってます(笑)

さて、本日は日曜日なので、ふと思いついた
「パッケージ版 悪魔の辞典」を2つほど紹介したいと思います。。。
今日はお遊びですよ(笑)

【贈答品】
<本来意味>
中元や歳暮などの年中行事や、結婚や出産などの特別な祝い事などに際して贈られる品物を意味する語。
ギフト、プレゼント、贈り物などと、ほぼ同じ意味で用いられることもある。

<パッケージ版 悪魔の辞書>
貢物の一種。
なるべく渡したくはないが、義理や身分の上下によって渡さざるを得ない場合が多い。
時に、中身よりもパッケージの見た目が重要視される場合が多々ある。

<用例>
・・え?今日、持っていかなくっちゃいけない田中社長への贈答品を買い忘れただって?!
仕方ない。台所にある裸のりんごを、桐箱のパッケージに詰め替えて持っていこう!

【パッケージ】
<本来意味>
1)包装すること。また,商品包装用の箱。 「きれいに-された商品」
2)商品としてひとまとまりにセットしたもの。
3)コンピューターで,特定の業務用にあらかじめ作成されたプログラム群。

<パッケージ版 悪魔の辞書>
1)包装することで中身の価値を変えるもの。
「同じりんごでも、スーパーなら裸、道の駅なら袋入り、百貨店なら化粧箱のパッケージだな」
2)他の商品と同梱することで、価格を分からなくするもの。
「安い商品を適当に同じパッケージに入れて、ちょっと割高で売るか!」
3)コンピューターなどのシステム屋さんがやたらと使う用語で、後々、お金が掛かることが多い。
「こちらのパッケージシステムがお得ですよ!」と言いながら、
後で気が付くと多額の年間保守料が発生する場合が多々ある。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − 6 =

ページの上部へ