顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【全国を旅し、そしてSNSで拡散される。産創館エクスマSNS活用塾の仲間もFacebook投稿してくれたパッケージ】
2016年06月17日

【全国を旅し、そしてSNSで拡散される。産創館エクスマSNS活用塾の仲間もFacebook投稿してくれたパッケージ】

こんにちはっ!
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

1月から通っていた産創館エクスマSNS活用塾が明日、終了します。
なんだか名残惜しいですね~。

エクスマでは「モノを売るな!体験を売れ!」という考え方です!

そしてこんな公式があります。

お客さんは商品は欲しくない
●●したいだけなのだ。
それによって××な生活を手に入れたいのだ!

私の提唱している「パッケージマーケティング」は
かなりこの考え方を取り入れております。

例えば、インスタント味噌汁の場合。

愛媛県のみそメーカーのギノーみそさんの思いとしては
「インスタント味噌汁をお土産物屋で取り扱って欲しい」
でも、お土産物屋さんは別にインスタント味噌汁は欲しいわけじゃないんですよ。

お土産物屋さんはインスタント味噌汁は欲しくない。
売れる商品が欲しいだけ。
それによって売上を上げたいのだ。

また観光客もインスタント味噌汁は欲しくないですね。

観光客はインスタント味噌汁は欲しくない。
愛媛に来たお土産が欲しいだけ。
それによって土産話に花を咲かせたいだけ。

こんな感じですね。

そこで、パッケージマーケティングの出番です!
インスタント味噌汁に「旅の思い出」という体験を加えることができないか?

そこで生まれたのが、
道後温泉、松山城、しまなみ街道のデザインされたパッケージ!

iyonomiso03

iyonomiso02

iyonomiso

これによってお客さんが得られる体験が
「味噌汁」から「旅の思い出」に変えられる!

でも、ちょっと弱いかな?!
そうだ、こうしちゃえば!

2015-02-05 08.41

裏面をハガキにしました!
実際に140円切手を貼ったら日本全国どこへでも送れます!

観光客が道後温泉でゆっくりして街角を歩いています。
「帰ったらあの人に道後の話ししたいわぁ~」と思っている。
そんな時にこのパッケージを見つけると、

「えぇ~、今の楽しい思いを、今書いて送れちゃうの?」となります。
結果、旅の思い出という体験を手に入れることができますね。

そして、実際にこの郵送パッケージが届いた人もすごくびっくりしてくれます!

明日、最終日を迎える産創館エクスマSNS活用塾のメンバーも
Facebookにこんなに投稿してくれます!

IMG_8136[1]
経営者専門のスーツ仕立て屋イルサルトで働く秘書 植木菜摘さん(なっちゃん)

IMG_2545
大阪の「ええもん」を集めたみやげもん屋 天満天神MAIDO屋の麻衣ちゃん

IMG_2544
東大阪市で子供の歯並びを 姿勢、呼吸、飲み込み、あしゆび で綺麗にしている【デンタルクリニックふじい】藤井公之さん

こうやって体験を得た人は、また今度はSNSで拡散もしたくなるんですね~。

おっと、
ちょっと待ってください。
ここで質問です。

このパッケージの中身はインスタント味噌汁の必要はあるんでしょうか?

うーん、
うーん、
「ない」かも知れませんね(笑)

まさに、「モノを売るな!体験を売れ!」というような商品開発です!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × four =

ページの上部へ