顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「安売りするな!価値を売れ!」に掲載されていたエクスマ的パッケージリニューアル事例】
2016年06月18日

【「安売りするな!価値を売れ!」に掲載されていたエクスマ的パッケージリニューアル事例】

本日が5ヶ月に及ぶ産創館エクスマSNS活用塾の最終講!
今から大阪に向かいます。

あ、おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

研修期間ってやっているうちは無我夢中なんですが、
修了の時はなんだか「寂しい爽快感」があるんです。
・・・って、私だけですかね?

そんなエクスマを勉強し始めたかなり初期のころ読んだ本!
「安売りするな!価値を売れ!」藤村正宏著

51z6WHSxf2L._SX345_BO1,204,203,200_

この本に載っていた「元祖羽田空港ひとくちおこわ」のパッケージの話は強烈で今でも強く覚えてます。
徹底した絞込みで大ヒット!
紹介させていただきますね!

以前は「松阪牛ひとくちおこわ」っていうネーミングだったみたいです。
でも、あんまり売れてなかった。

そこでターゲットを絞り込みました。
「40歳の女性管理職。出張が多く、よく一人で羽田空港を利用する」

この女性管理職が喜ぶことを徹底して考えたそうです。

まず、ネーミング!
羽田空港に来ているんだったら、「羽田空港ひとくちおこわ」の方が嬉しいですよね!
あ、ちなみに、もともと羽田空港でしか売ってなかったそうです。

o0400040012626623100

さらに、パッケージ側面!
「飛行機に乗る前に搭乗ゲートの近くのベンチでカンタンに食べれるおこわです。」
と書いてます。
食べるシーンも想像しやすいですね!

ff9cbf10

その反対のパッケージ側面!
「意外と知らない羽田空港の豆知識はこちら→QRコード」
と書いてます。
思わぬ遅延が出たとき、手持ち無沙汰なときにはいい暇つぶしになりますね!

o0351038111366815868

さらにさらに、パッケージをパカッと開くと内側に、、、

hndjugaokowabzoom

「おこわと炊き込みご飯の違い」
と、コラムのようなものが出てきました!
これも暇つぶしにいいですね!

ちなみに、パッケージの内側への印刷(裏面印刷)は普通はコストが高くなるので
メーカーは嫌がります。
でも、そうじゃない。
40歳の女性管理職を喜ばせようとしているから、パッケージが変わるんですね。

こちらの羽田空港ひとくちおこわは、
パッケージリニューアルで年間50万個以上売れているそうな。
すごいです!

エクスマの考え方でパッケージ開発したらすごいですね!

この事例が載っている本はこちらですよ!
お持ちでない方はぜひ!
オススメします!

51z6WHSxf2L._SX345_BO1,204,203,200_

「安売りするな!価値を売れ!」藤村正宏著

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + seventeen =

ページの上部へ