顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「3C分析ってなんなの?」→「パケマツの仕事で大切にしていることです」】
2016年06月22日

【「3C分析ってなんなの?」→「パケマツの仕事で大切にしていることです」】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

プロジェクト・パケマツ企画で、
昨日のブログで徳島ぎょれんさんの「ひじき」のパッケージリニューアルを紹介しました。

その流れってこんな感じだったんです。

1)競合分析
2)3C分析
3)ポジショニング

これはパッケージ松浦で仕事を進めていくときの最低限の3ステップです。
(※もちろん例外もあります)

IMG_8352

IMG_8347

IMG_8348

この中で「3C分析って何?」というお声も頂きました。
確かに、いきなり言われてもわからないですよね。
失礼しました。
本日はその補足解説させて頂きます。

私は「3C分析ってなに?」と聞かれると
簡単にこんな風に答えます。
「(自社の)いいところ×(他社と)違うところ」です。

例えばアナタが「ひじき」の販売をしている会社の社長だったとして、
「御社のひじきの特徴は?」と聞かれます。
そして「味が旨い」と答えたとします。

でも、これって、きっと競合他社も言ってます。
「うちのひじきは味が旨い」って。

つまり、あなたの会社が打ち出している価値も、
競合他社が打ち出している価値も、
まったく同じ価値なんです。
「(自社の)いいところ×(他社と)いいところ」です。

お客さんが受け取るのも「味」という価値ですね。
完全なる同質化競争。
じゃあ、価値が一緒なんだったら、あとはなんで比べますか??

・・・そう!
価格ですね。
安いほうがいいということになる。

IMG_8347

3C分析をすると、この同質化競争から抜け出すヒントになるんです!
3Cの「C」は3つのCの頭文字から来てます。

顧客 Customer
競合 Competitor
自社 Company

通常、
顧客は「味」のよいものを求めます。
競合は「味」のよいものを提供します。
自社は「味」のよいものを提供してます。

この3つの円が重なるところが、
まさに「同質化競争」真っ只中!
「価格競争」のゾーンなんです。
いわいる「レッドオーシャン」なんて呼ばれたりもするところ。

ここでガチンコ勝負を仕掛けると、もう大変!
だから、「(自社の)いいところ×(他社と)違うところ」を見つけていかないといけない。
表現していかないといけない。
そこでこの青い部分を探すのです。作るのです。

昨日の徳島ぎょさんさんの場合は
●海外産→徳島産
●シニア→主婦
●パッケージがありきたり→ひじきにはない朱色
●パッケージが文字だけ→イラストを使う
などでした。

IMG_8345

IMG_8350

こうやってパッケージで強みを作って行ったんですね!

3C分析をすると、同質化競争から抜け出して、異質化するきっかけになりますよ~。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + fourteen =

ページの上部へ