顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【プロフェッショナル 仕事の流儀 ~言うこと聞かないデザイナー編~】
2016年09月4日

【プロフェッショナル 仕事の流儀 ~言うこと聞かないデザイナー編~】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日はパケマツカラオケ大会でした。
そこで優勝したのが言うこと聞かないデザイナーの桑原基輔氏!
おめでとうございます!

14237660_10205150517121480_6685494865380601724_n

この桑原さんと先週、久しぶりに同行でお客さんの元へ。
デザインプレゼンしておりました。

うーん、そこでちょっと感心したな。
桑原さんとお客さんの担当者との会話に。

桑原基輔

桑原「普通のデザインが欲しいんだったら、うちに声かけないですよね!?」
担当「ぷっ!そうですね!違うのが欲しいから頼んだんですよ」

実はこのお客さんの会社はとってもオカタイ空気があります。
奇抜なのを嫌い、ちょっと変わっているのも排除、何事も無難に無難に。。。

そこで「何とか楽しいパッケージを作りたい!」という企画担当者さんの思いから
パッケージ松浦にお声がけ頂いたんです。

提出したデザインは大きく3パターン。
1 定番案・・・ガチガチ普通のデザイン、業界の常識通り。
2 マーケティング案・・・競合他社もしっかりと研究し、売り場でも目立ち、目新しさもあるいい感じのデザイン
3 奇抜案・・・うん、見たことないわ!こんなパッケージのこの商品(笑)

この順番通りで提出したのですが、
さらに面白いなと思ったのが定番案のデザインを出したとき、
「これは会社で会議を通す用です」と一言(笑)

さらにさらに、奇抜案を出したのは
「会議でマーケティング案に落ち着かせるためです」と一言(爆)

要するに、定番案、マーケティング案だけじゃ、おそらく定番案になっちゃう。
でも、いきなりマーケティング案、奇抜案だけだと、「なんだこのふざけた会社は」で全部、会議を通らない。
定番案、マーケティング案、奇抜案の3案あるから、なんとかマーケティング案に落ち着くだろうと。

桑原「うちに期待している乗って、こういうことですよね?!」
担当「そうです、そうです(笑)」

ちなみに、私なら奇抜案を採用しますけどね。
押しに押して来ました(笑)
頼もしーですわ!
桑原さん!
ありがとうございます。

さて、この商談の結果はどこに落ち着くかな?!
まだ内容をお見せできないのですが、担当者さん、会議がんばれー!

10月中には店頭に並ぶかな?
どの案に決まるかな?
乞うご期待です!

そんな言うこと聞かないデザイナー桑原基輔のブログはこちら。
http://ameblo.jp/kuwatti-g/

14141591_10205151926156705_5989320185440371786_n

どーでもいいんですが、桑原の激やせ写真はこちら(笑)

桑原基輔 激やせ before after

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − thirteen =

ページの上部へ