顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ
  • チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【業界の常識に縛られるなっ!商品の価値を劇的に高めるたまごのパッケージ】
2016年09月20日

【業界の常識に縛られるなっ!商品の価値を劇的に高めるたまごのパッケージ】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日は日創研全国経営発表大会に参加!
(今日もですけど)
本当に世の中の固定観念にとらわれていることに気づきます。

「うちの業界は××だから」
「だって入札が当たり前だから」
「低単価になるのは仕方ない」

その反面、すごい人もいるわけです。
「業界は安売り競争だけど、うちは参加しない」
「言い値が通らないともう仕事は受けない」

うーん、業界の常識を覆して、後者のようになりたいです。

・・・というわけで、
本日は海外の卵パッケージの事例を紹介します。

「卵のパッケージといえば、10個パック!まあ、最低でも6個パック」
「え?!たまごって日常品だから安売りが当然でしょう」

まあ、普通に考えたらこんな感じでしょうね!
でも、もし、こんなパッケージがあったとしたらどうでしょうか?

1295b8c5c69f62142b64a454ea859962
うーん、欲しい。
欲しくなりませんか?

meo_01
なんと、卵1個入りですね。
日本のスーパーではありえないパッケージです。

meo_02
しかも、パッケージ自体が何種類もあります。
こっ、これは揃えたい!コンプリートしたい!

商品の価値って、大きく2つに分かれると思うんです。
1 モノ(当たり前価値)・・・あって当たり前の価値
2 体験(魅力的価値)・・・付け加わると魅力的な価値

meo_05
たまご自体の「おいしい」とか「安全」とか「衛生的」とか、
あって当たり前の「モノ」ですよね!

こんなパッケージになることで、とっても魅力的になります!
「プレゼント」になるかも?
「話題」になるかも?
「SNSネタ」になるかも?

ec63fad8a73f9cd1e926181972df2252
こうなれば、1個100円でも私は買いたい!
1パック10個120円とかの低価格路線から抜け出すことができるのです!

商品を生まれ変わらせるのは「パッケージ」だと気づかせていただきますねっ!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 1 =

ページの上部へ