顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【すぐ真似できる!すぐ工夫できる!パッケージでちょっとした差をつける小ワザ5連発!】
2016年10月1日

【すぐ真似できる!すぐ工夫できる!パッケージでちょっとした差をつける小ワザ5連発!】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

本日のブログは大阪から東京へ向かう新幹線の中でアップしてます。
どこでも仕事ができるっていい時代だーーー!!

本日のブログはパッケージマーケティングネタで
「店頭でちょっと差をつける」小ワザを5連発で紹介しますね。

その1
オリジナルパッケージを作ろう!

okeko-1-590x590

桶光ウチダ造花さんでは既製品の紙袋を使ってました。
つまり、どこのお店でも一緒のが使われている可能性がある。
でも、ちゃんとオリジナルを作ることで、区別がつくようになりますね!

その2
色を変えてみよう

uzushio01-1-590x590

フルーツガーデン山形さんの梨のパッケージ!
梨のパッケージって、なんとなく「梨の画像」のパッケージが多い。
そこで他社が使っていないカラーを選択することで、覚えてもらいやすくなる。

その3
形を変えてみよう
ginsho-1-590x590

平尾とうふ店さんの「鳥取代表 おぼろ豆腐」!
通常、シールといえば四角か丸が多い。
でも、あえて「鳥取型」にしてしまいました!
店頭でめっちゃ目立つんですよ~。

その4
透け感を演出してみよう
blog_import_5552daf96e310-1-590x590

ふくおかさんの「阿波ういろ8本入り」パッケージ。
トレーシングペーパーという透け感のある紙を使って、帯にしてます。
これで高級感がアップです!

その5
タグをつけてみよう
kancha-1-590x590

寒茶のパッケージ!
先ほどの「透け感」演出にプラスして、タグをつけることで一気に店頭でのアピール力が上がります!

いかがですか?
参考になりましたか?

いずれも「ちょっとした工夫」ですが「ちょっとした差」が生まれますね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 4 =

ページの上部へ