顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パケノミクスで日本を好景気に!?パッケージの持つ「ひとまとめ」の意味】
2016年10月8日

【パケノミクスで日本を好景気に!?パッケージの持つ「ひとまとめ」の意味】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日は終日、盛和塾の合宿!
エクシブ鳴門という素晴らしい施設で、
深夜まで経営談義に花を咲かせます!

IMG_3064[1]

稲盛塾長は経営の原点12カ条の一番最初にこんな風に言ってます。

「事業の目的、意義を明確にする
公明正大で大義名分のある高い目的を立てる。」

うん、これがなくっちゃ始まらない!
改めて「パッケージ」の意味を調べてみた。
すると、こんな感じ

パッケージ【package】
[名](スル)
1 包むこと。荷造り。包装。特に商品の包装やそのための容器。「―を簡素化する」「コンパクトに―する」
2 ひとまとめにすること。一括して処理すること。また、そのもの。「生産と流通を―して考える」「―保険」

1の意味は通常、当たり前に使っていた。
2の「ひとまとめ」って意味はパッケージ松浦ではあまり使っていないですね。

昨日、書かせてもらったビジョンの話

あれを書いたあとで思ったことがあります。
「自分が成長したら、全てのことを包容する力を持つことができる」

うん。
個人のビジョンが成長すると、会社のビジョンも包容できる。
そう、「ひとまとめ」にできるんじゃないか?

パッケージの力を使って、
商品が売れるようになって、
販売している人が幸せになって、
パッケージ松浦も嬉しくなって、
地域社会が豊かになって、
日本が好景気になって、
世界を変える!

そう、パッケージ松浦が中心となって、
全てを包んで、ひとまとめにして、ハッピーな世の中を作れる!
そんなふうに感じた昨夜でした!

パケノミクスで日本を好景気にするぞーーーー!
盛和塾のの皆様、貴重な学びをありがとうございます!!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 4 =

ページの上部へ