顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【寒い夜には愛媛流の味噌煮込みうどんで温まろう♪ギノーみそさん】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>
2016年12月28日

【寒い夜には愛媛流の味噌煮込みうどんで温まろう♪ギノーみそさん】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>

おはようございます。
パッケージのことを日々考え続けるパッケージマーケッターの松浦陽司です。

徳島は昨日の夜からちょっと冷えますね。
こんな日は温かい味噌煮込みうどんで体を温めたいものです!
そんなアナタにオススメの商品はこちら!

misonikomiudon
「愛媛の真面目な田中さんが一念発起し15年3ヶ月の歳月をかけて作った味噌煮込みうどん」
http://www.koumizeimi.com/SHOP/Y-3.html

なんでこんな長いネーミングになったんでしょうね?
それはこんな田中社長の思いから!

★★★★★

愛媛の田中さんが
名古屋で味噌煮込みうどんを食べたとき、
麺があまりにも固かったので、
「もう少し煮込んでください。」と伝えると
「おみゃーには食べささん」と一蹴・・・
本気で腹が立ったので、一念発起し、
苦節15年と3ヶ月かけ
ようやく思った味が完成しました。
あの時の気持ちが無ければ無かった味です。
今こそ名古屋に伝えます。
「ありがとう」を・・・

★★★★★

このストーリーはパッケージの表面に記載されております。
こんな思いをパッケージに載せてるんですね!

もちろん、イラストも「今までの味噌煮込みうどんとは全く違う」と感じてもらえるよう、
女性が「今までの味噌煮込みうどんは何だったの!?」と叫んでもらいました!

うん、こんな思いがこもっている商品だから美味しくないわけがないっすねー!
凛も「普通の味噌煮込みうどんは嫌いだけど、この味噌煮込みうどんは好き」と言ってくれます。
心も体も温まりましょう~。

義農味噌株式会社(ギノーみそ)
http://www.gino-miso.co.jp/
〒791-3195
愛媛県伊予郡松前町永田345-1
TEL 089-984-2135
FAX 089-984-7300

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + 7 =

ページの上部へ