顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ロングセラー商品のパッケージリニューアルの注意点とは?!山亜里製茶さんに訪問しました!】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>
2017年02月9日

【ロングセラー商品のパッケージリニューアルの注意点とは?!山亜里製茶さんに訪問しました!】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>

「長年パッケージリニューアルしたことないです。
そして固定客がついてます。
でも、パッケージ変更したいんです!」

あ、おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。


昨日は静岡県御前崎市にある山亜里製茶さんへ訪問してました!
増田有美社長(女性)は以前に徳島で開催された「まっすー&まっつー」セミナーに、わざわざ来てくれたご縁です!
(その時の様子その【1】  と   その【2】

山亜里製茶さんは創業110年!
歴史ある製茶会社で、かの有名な料亭○○○んさんが長年愛用し続けているお茶!
こんな方たちと一緒に仕事できるなんて楽しみです!

しかし、問題があった!
冒頭の質問です。
「長年、パッケージリニューアルしたことないです。
そして固定客がついてます。
でも、パッケージ変更したいんです!」

そう、長年売れ続けている商品のパッケージリニューアルというのは大変、気を使います。

売れてなかったら思い切ったことができます。
「そーなんですか。売れてないんだったら、パッケージも、ネーミングも、売り方もまるで変えちゃったらいいんじゃないですか?」
そうすれば良いだけ。

でも、売れ続けている商品は違いますね。

変な話ですけど、例えばコーラが急に紫色のパッケージにしたとします。
でも、コーラを買いに来る人は、コーラレッドを目指して買いに来るわけです。
紫のパッケージを見て、、、・・・見ても、まずコーラだと気づかない。
気づいたとしても、「いつものコーラと違うでしょ」ってなる。
結果、買わない。

こんなことが起こるんですよね。
だから、ブランド化、というか人々に知れ渡っている商品のパッケージリニューアルは大変!
「この商品らしさ」を残しながら
「新しさ」を表現する。

ただ、、従来客は目減りします。
浮気?
死別?
とにかく減ります。
だから、新規も大事なんですよね。
リニューアルも大事っす。

このプロジェクト、2017年内に指導して、報告出来る予定です!
またお楽しみにしててくださいねっ!

山亜里製茶さん、ありがとうございます。
増田社長、がんばりますっ!
http://yamaari.com/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − two =

ページの上部へ