顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パケ買いでしかお土産を買わない男(笑)ネコちゃんパッケージの謎を解け!】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>
2017年02月12日

【パケ買いでしかお土産を買わない男(笑)ネコちゃんパッケージの謎を解け!】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>

「松浦さんがお土産を買うときの基準って何ですか?」
「はい、パッケージですね」
「え?」
「パッケージだけです」
「あの~、中身とかは?」
「関係ないです。パッケージだけです。パケ買いだけです」

あ、おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日、Facebookにこんな投稿をしました。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10206193039463887&set=a.1797986568384.72898.1801376503&type=3&theater¬if_t=like¬if_id=1486800662998683

新神戸でネコちやんパッケージ見つけたよ!
買って来たので、帰ったら分解してみよう!
・・・あ、「かわいい」とかの感情ではなく、「分解して形状を確かめたい」と思っちゃうのは職業病です。

あ。
そー言えば、中身が何かも知らないや(笑)

もっと正確に言えば、どこの会社の、なんていう商品名かも知らなかったというお話(笑)
ちなみに中身を食べることはほとんどありません。
基本的に、会社や家庭で「中身は食べてね!パッケージは置いておいてね」と、完全なる「パケ買い」です(爆)

帰って開けると、ショコラ・ド・ティラミスでした。
(アーモンドをチョコでコーティングしたようなもの)
家族が食べられるものでよかった(笑)


このネコちゃんパッケージ、非常に凝ってます。
それはひと目でわかります。

・ネコちゃん型に打ち抜かれている。
・リボンを内職加工で取り付けて可愛さを増してる。
・特殊紙(特別な黒い紙)に銀の箔押しでミステリアスさも。
・しっぽのように見える型押し。(木型で打ち抜くときに尻尾型をつけているのだろう)

うん、とっても凝ってますが、私が最大の疑問に思ったのがこちら!
・どうやって貼っているのか?
これが気になって、気になって。
だいたいのパッケージは頭の中にラフな展開図を描けるのですが、
・・・いや、正確に言うと描けたのですが、、、貼れない。機械で貼れないはず。


・・・ということで、いよいよ分解してみましょう!
こんな感じでした。


うん。
展開図は思ったとおりではあったのですが、びっくりしました。
貼り付けは「両面テープ」で行われていました。
つまり、機械貼りじゃなかった。人の手によって貼られていたのです。

専門的な話をすると、罫線と糊を引くラインが平行なら機械貼りできるのですが、
どうやっても平行にならなかったんでしょうね。
だから、手貼り。

ここまでしてネコちゃん型パッケージを作ったとは!
単純に関心しました。
これからも、パケ買いしていきます(笑)

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 4 =

ページの上部へ