顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージリニューアルで売上3倍!ふくおかさんの「阿波ういろ」】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>
2017年04月7日

【パッケージリニューアルで売上3倍!ふくおかさんの「阿波ういろ」】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>

「ふくおかさんの阿波ういろは、パッケージリニューアルで売上3倍になってる」
と、言ってくれたのは、とくとくターミナルの中にある徳島のお土産物屋さん「徳島県物産館」の尾崎社長!
こんな言葉を聞くとうれしいパッケージマーケッターの松浦陽司です。

私は思います。
パッケージは思い付きで作るのではなく、
どんなところで販売するのか?
どんな人に喜んでもらいたいのか?
とっても重要だって。

なぜなら、商品が飽和状態!
お客さんも「欲しいものない」状態なんです。
お客さんはあなたのところの商品を買ってもいいし、買わなくてもいい。
それでも「魅力的だ」って思ってもらうのには、ちゃんとその人に向けて、パッケージで発信しないと!

たとえば、冒頭の「ふくおか」さんのういろう。
もともとは「撫養街道ういろ」というネーミングで、5本入で販売されていたんです。


こんなパッケージですねー。
これの売上アップ、・・・というか、お客さんにより喜んでもらえるように、パッケージリニューアルに取り掛かりました!

徳島県物産館に来る人は、旅行バスの観光客が多い。
何を買いに来るかというと、徳島の思い出。
もしくは、バス社内で手軽に食べられるもの。

もしも、この売り場とお客さんを喜ばせる商品ができたら?
そう考えると
「5本入、多いんじゃない?食べきれないよね」
「撫養街道ういろじゃ、徳島のものってわからないよね」
ということになりました。

そしてリニューアルされたのがこちら!


阿波ういろ

阿波=徳島とすぐに分かる品名に変更。
そして、3本入で食べきりサイズに!
パッケージ形状も袋にヘッダーシールと工夫し、より手に取ってもらいやすくなりました。
おかげさまで、観光客さんの「自分買い需要」が伸びたようです。

そして、味は自信があったので、リピーターがつくことを想定して、
もちろんのお土産使用である8本入パッケージも作成しました。


8本入 パッケージ
こちらはケースに高級感のあるエンボス加工(紙に模様をつける)を施し、
透け感のある掛け紙をかけることで、上品さも演出しました!

パッケージリニューアルで2つのパッケージ(3本入、8本入)を生み出し、
売上が3倍になっているとのことで嬉しいです!

だから、やっぱり思いますね!
パッケージは思い付きで作るのではなく、
どんなところで販売するのか?
どんな人に喜んでもらいたいのか?
とっても重要だって。

ふくおかさんの阿波ういろパッケージ開発秘話でした!


徳島県物産館(とくとくターミナル内)
http://www.bussankan.jp/
徳島県板野郡松茂町中喜来前原東四番越14−1
088-699-8005

もちろん、菓舗ふくおかさんでも販売されてますよ~。

菓舗ふくおか
徳島県鳴門市撫養町南浜字蛭子前東86
088-686-2626
営業時間
8:00~20:00
定休日
第2・3木曜日 元日
http://www.kaho-fukuoka.co.jp/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − 5 =

ページの上部へ