顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【Twitter、インスタのパッケージマーケティング投稿を振り返る企画】
2017年07月30日

【Twitter、インスタのパッケージマーケティング投稿を振り返る企画】

Twitter、インスタに投稿しているプチパッケージマーケティング投稿を、
今日はブログにまとめてみたよ!


やっぱり、こういう地元特有のパッケージだと魅力あるよね。
そして、パッケージでストーリーを語ってる!
うん、間違いなく買うよね。
パケ買いっす。


ダイハツのキャンペーンのパッケージ!
車の形をしていて、変わってるんだけど、それだけじゃない!
なんと!
ドアが開閉するパッケージです!
ありえんなー。
これはパケマツでも一回はやりたいなー。


菱形のパッケージって、魅力的ですね。
こうやって組み合わせによって、姿かたちを変えます。
パケマツでもいつか取り組みたいパッケージですねー。


普段は絶対に飲まない日本酒でも、
パッケージのチカラで「飲みたくなる」ってすごいことだな。
そんな風に思います。
ちなみに、桑原さんは日本酒を買って帰って飲みました。
感想は
「日本酒、ボクには合わないっすわ」だって(笑)


ここまでパッケージにお金を掛ける企業って珍しい。
ボク自信、一回も手がけたことのない、紙袋の裏面印刷。
こうやって、細部にこだわるって、ボクは大事だとおもうなー。


商品名=土地
って商品があるよね。
そういった商品が作れたら、地元では敵なし!
・・・というか、全国で注目商品になるよね。

今日も出張中の松浦陽司です。 ホントはね。 ホントは家に帰りたいワケですよ。 家でゆっくり家族団らんして飲めるなら、帰りたい。 でも、帰れないのが経営者であり、営業マンなのかな。 倉敷のバス停の横のセブンイレブンでこんなのを見つけました。 キリン「今日はうちごはん」 うーん、本当は家に帰りたいんだろうけど、帰れない人向けにデザインしているのかな? そんなイメージがパッケージからめっちゃ伝わってきました。 もちろん、思わず購入。 高速バスの中で飲んでます~。 #パケ買い #パッケージ #パッケージ買い #パッケージ制作 #パッケージ可愛い #パッケージマーケティング #キリン #今日はうちごはん

松浦陽司さん(@matsuurayouji)がシェアした投稿 -

ボクはうちに帰りたいんですよ。
ホントですよ。
好きこので出張してるワケじゃないんですよ。
本当っすよ。
信じてねーーー(笑)

そんなこんなで、本日はTwitter、インスタグラムでパッケージを振り返ってみたよ!
よかったら、Twitter、インスタ、フォローしてみてね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + two =

ページの上部へ