顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ブランドカラーで圧倒的になろう。フルーツガーデンやまがたさんの「うずしおペアー」】
2017年07月22日

【ブランドカラーで圧倒的になろう。フルーツガーデンやまがたさんの「うずしおペアー」】

そうそう、パッケージの色のブログの続きを忘れていました(笑)
パッケージの色を決めるのには大きく2つの方法があります。

1)アイコニックカラー(象徴的な色)
2)ブランドカラー

・・・ということで、アイコニックカラーについては2つほどブログを書きました。
その1 八百秀 里むすめバームクーヘン事例
http://buff.ly/2tvpHQQ
その2 みかも木履 桐下駄事例
http://buff.ly/2ufwPO5

今日はその2)ブランドカラーのブログです!

アイコニックカラー(象徴的な色)が中身商品をイメージ、連想しやすいのに対して、
ブランドカラーはまったくイメージ、連想できません。
「じゃあ、ダメじゃん」と言いたくなりますが、そんなことはないですよ!

例えば「コカ・コーラ」って真っ黒の液体ですよ。
でも、あの「赤」をボクたちは強く覚えてますよね。
(ちなみに、コーラレッドと言う)

パッケージは中身の商品をまったく象徴していないけど、
しっかりと「赤」で認知されています。

お客様にちゃんと認知されるまでは大変ですが、
一度覚えてもらうと、これが強烈なブランドになるのです。
この色の決め方が「ブランドカラー」ですね。


これはフルーツガーデンやまがたさんの「うずしおペアー」のパッケージです!

そう、中身は梨です。
でも、パッケージはおよそ梨と思えない。

梨のパッケージって、よく梨の写真をドーーーンと載せてあって
「梨」って筆文字かなかで書いてあるのが多いですよね。

でも、フルーツガーデンやまがたさんは敢えて
このエメラルドグリーンを選択しました。

これが「うずしおペアー」のブランドカラーになったんです。
一発で、「あ、フルーツガーデンやまがたの うずしおペアーだ」って認知できるでしょ?
少なくともこのブログを見た人はそうですよねっ(笑)

さあ、梨の美味しいシーズンですね!
フルーツガーデン山形では、今日から梨の収穫スタートだそうです!
ぜひ、遊びに行ってみてね!

たぶん、品種的には、うずしおペアーの販売は8月中旬くらいからかな?
今のうちに、フルーツガーデン山形さんに予約してくださいねー!

〒 772-0041 徳島県鳴門市大津町大代645-1
フルーツガーデン山形
TEL・FAX 088-685-4721
Mail info@fg-yamagata.jp
http://fg-yamagata.jp/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × one =

ページの上部へ