顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージの陳列方法を少し変えるだけで、商品に違った価値が!レトルトカレーのブック陳列で“選ぶ楽しさ”】
2017年11月29日

【パッケージの陳列方法を少し変えるだけで、商品に違った価値が!レトルトカレーのブック陳列で“選ぶ楽しさ”】

パッケージのデザインって、基本的には正面に力が入っているんですよね!
特にレトルトのカレーとかパスタになると、「正面が命!」って感じ。


マルブンのパスタソースもしっかりと正面でアピールするデザインになっています!
こうやって店頭で目立ちますねー。

でも、巷では陳列スペースの問題でこんな風に陳列されている店舗もあります。


カレーBOOKS 陳列
そう、カレーのパッケージを横に並べて、陳列するんです。
それはもう図書館のようです!

こんなふうに陳列すれば棚におけるカレーパッケージの数は飛躍的に増える訳です!
また「図書館で本を選ぶ」ような楽しさもありますよねー。
パッケージの陳列の方法一つで、違った価値が生み出されます!


ちなみにこの売り場はキョーエイ藍住店!
浅野カツーシ店長が運営するお店です
さすが、楽しい売場づくりを心がけておりますね!
(撮影:桑原基輔)

でもね、スーパーならいいんですけど、コンビニになるとどうなるか?
更に圧縮陳列になるので、こういうところが多いです。

うーん、スペースの問題とは思うんですが、
商品名が見えるように、パッケージをひっくり返して置いていますね。
パッケージ屋としては、自分の手がけたパッケージじゃないけど、うーん、なんだか切ない。

もし、ボクが制作に関わって、この売り場の状況を知っていたら、
パッケージ下1/3の位置で、しっかりと品名を正しいパッケージ方向で伝えるようにする工夫をするだろうなー。


でも、その場合、スーパーでは下1/3がプライスカードで隠れる場合が多いんです。
こんなふうに、うーん、調整が難しい。

でも、コンビニ専用!
つまり、セブンイレブブンブランド、ローソンブランド、ファミマブランドの商品だったら、それが可能だよね。
コンビニ各社の皆さん、そんなことも考えてみませんか?

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 1 =

ページの上部へ