顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【インスタで振り返るパッケージマーケティング5連発!】
2018年02月3日

【インスタで振り返るパッケージマーケティング5連発!】

おはようございます。
さあ、土曜日何をしようかな?
パッケージ松浦は休日を昨年の104日から112日に増やしました。
その関係で土曜が休みの日が多い。
どうやって使うか、仕事にも家庭にも大切なことですね。

さて、今日はインスタで振り返るパッケージマーケティング5連発!

こんな風にパッケージの形を変えて「様式美」も作る。
パカッっと開いてお皿がわりに使える「機能美」も備えている。
パッケージの可能性って素晴らしいな。

「鳥取の味ってなんだ?」って思わず突っ込みたくなる(笑)
いや、それよりも「砂丘をイメージした珈琲味」って一体何だよー(笑)

このパッケージはマジできれいだなーと思った。
この間の皆既月食に合わせて販売したんだろうか?
だとしたら、すごいなー。

これは先日、新宿で飲みに行ったバーで見かけたお酒のビンパッケージ。 ビン自体は全体にマット(磨りガラス)風になってるんですが、真ん中の窓のところの絵画だけ妙にクッキリ。 実はこの窓のところだけ「磨りガラス」じゃなくって「ツルツルガラス」なんです。 そして絵画はビンの裏側に印刷されているんです。それが表から見るとゆらゆらとお酒に揺られながら現れる。 うーん。なんて手の込んだパッケージなんだ!思わす関心しました。 #パッケージ #パッケージ制作 #パッケージ買い #パッケージ可愛い #パッケージデザイン #パケ買い #パッケージマーケティング

松浦陽司さん(@matsuurayouji)がシェアした投稿 -

このパッケージへの手間暇のかけようは感激した!
絵画を見るのに額装がとっても大事だって言うけど、
商品を見るのにパッケージがとっても大事だって、教えてくれる。

おそらくは完全手作業のパッケージ。
こんな風な形状にすると、すぐには捨てられずに子供のおもちゃや小物入れになる可能性が高い。
すると、パッケージが手元に残り、資産価値が高まりますね。

 

よかったらボクの他のSNSもフォローしてみてね♪

松浦陽司のインスタグラム
https://www.instagram.com/matsuurayouji/

松浦陽司のTwitter
https://twitter.com/p_matsuura

松浦陽司のFacebook
https://www.facebook.com/matsuura.youji

「パケ買い推進委員会」Facebookグループページ
https://www.facebook.com/groups/pakegai/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − four =

ページの上部へ