顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージにもPOPにもSNSにも使える「魅せるコネタ」3のまとめ】
2018年05月17日

【パッケージにもPOPにもSNSにも使える「魅せるコネタ」3のまとめ】

形にこだわるか?色にこだわるか?
画像と文字の配列はどうするか?
真上画像か、斜め画像か?

人生、いろいろなところで選択肢に迫られます。
そんな時にちょっと人生を得するかも知れない選択肢を選ぶことができるかも。

あ、おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。
そんな人生を得するかも知れない「魅せるコネタ」を3つ商会します!

<あなたの脳は男性脳?それとも女性脳?>

ちょっと簡単なクイズで判断してみましょう。

Q.みなさんはこちらのバイクをご存知ですか?

もう懐かしいですね。
「アキラ」にでてくる金田のバイクです!
知らない人はごめんなさい。

さて、このバイクを見て、皆さんはどのように感じましたか?

A(形が)カッコいいバイク
B(色が)赤いバイク

どっちの判断もあります。
どっちかが正解ってわけではないです。

ただ。。。。
Aと感じた貴方は男性ではないでしょうか?
Bと感じた貴方は女性ではないでしょうか?

当たってます??

実は
男性は「形型」(形重視)
女性は「色型」(色重視)なんです。

男性 形重視55%:色重視45%
女性 形重視35%:色重視65%

男性には「カッコいい戦車」に見えても、女性には「汚れた緑の車」くらいにしか思われなかったりするのはこの視点の違いのせいです。

男性のロマンを分かってもらうことは不可能なことかも知れません(笑)

商品をつくる時、男性ターゲットなのか、女性ターゲットなのかで、色か、形か、考えてみても面白いですね。

<画像と文字の配列について>
この画像を見て、あなたはどっちがいい書き方だと思います??


①上側の「左にりんご、右に文字と値段」
②下側の「左に文字と値段、右にりんご」
直感で考えてみてくださいね。




右脳と左脳の働きが別なのはよく知られているところ。

左脳=話す、書く、分析、論理、科学、推測、言語認識など
右脳=ひらめき、ちょっかん、イメージ、図形を読み取るなど

はい。
正解は①なんです。
「画像は左、文字は右」が人間の脳が処理しやすいんです。

画像は直感脳(右脳)で処理します。
従って、左側がいいのです。
反対に文字は論理脳(左脳)で処理します。
従って、右側がいいのです。

どっちに画像を置くのか?
迷ったら思いだしてみてくださいね。
POPを書くとき、パッケージやチラシのレイアウトを考えるとき、役に立つかもです!

<インスタグラムで女性にウケる画像とは?!>

このカツカレーの2枚の画像。

あなたがインスタグラムで投稿するとしたらどっちの画像を使いますか?

A 斜め画像

B 真上画像

どうでしょう?

「Aの斜め画像やな」と思ったあなた!
男性ではないですか?

「Bの真上画像よね」と思ったあなた!
女性ではないですか?

試しに、インスタグラムの画像を見てください。
男性は斜め画像、
女性は真上画像がめっちゃ多いですよ!

一節には
女性は全体を知りたいという欲求がある。
男性は一点集中!そこしか見てない(笑)

女性にウケようと思ったら、SNS投稿は真上画像がいいかも知れません。

そんな感じで、魅せるコワザ3つのまとめでした!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × four =

ページの上部へ