顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ
  • チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【思い出を贈るパッケージを生み出す3条件】~商品本来の価値以外の価値を生み出す~
2018年05月30日

【思い出を贈るパッケージを生み出す3条件】~商品本来の価値以外の価値を生み出す~

昨日、訪問した会社の社長はおもしろい意見をお持ちでした。
自社の素麺の商品価値を「旨さ」としながらも、続きの言葉がおもしろい。

「素麺を作ってます。特徴はって聞かれると、やっぱり美味しいんですよ。
でもね、それを“パスタとか うどんとかと比べてどう違うの?”って聞かれるんです。
もちろん、専門家として答えられますよ。
パスタは押し出し。うどんは切ってる。素麺は伸ばしてる。
全く違う麺類なんですって。
でもね、最近思うんです。
それが、お客さんにとってどんなメリットなんだろうって。
お客さんにとってはどうでもいいことですよね」

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

うーん、この社長はめちゃめちゃクレバーです。
自社の価値を押し付けてないから。
お客さん目線でモノゴトや価値を考えてるから。

そうなんです。
たいていの食品会社の社長は言うんです
「うちの商品は旨い、それが絶対の価値」だって。

でもね、ちょっと考えてみてくださいね。
「うちの商品は旨い」って言ってる会社は何社ありますか?
あなたの競合会社は全て言ってますよね。

この時点で戦いは終了です。
「同質化競争」に陥っているのに気づかれましたね。

そーなんです。
ボクは思うんです。
「美味しい」
「旨い」
これしか表現しない食品会社って、これから先がないんです。

「美味しい」
「旨い」が当たり前なら、そこからどんな価値を付けるかが重要です。

例えばですよ。
商品を手にした時に
「話が弾む」
「内祝いでもらうと喜ぶ」
「話のネタになる」
「おもわず笑ってしまうストーリー」なんかですよね。

ちょっと、考えてみましょう。
お土産物を選ぶときとか?
「味見」なんてしないでしょ?
完全パッケージで決めてるでしょ?

例えばですけど、
味じゃなくって、思い出を売る商品があったなら!


第九せんべい

パッケージの裏面をはがきにして、140円切手を貼れば、日本全国にメッセージ付きで送れる!
これっていいアイディアですよね。
ちなみに、この第九せんべいは50~100gだったので140円切手でした。

※定形外郵便の切手料金
50g以内 120円
100g以内 140円
150g以内 205円

他にもパケマツでは、こんな郵送パッケージも手がけてます。
iyonomiso02

ギノーみそ 郵送パッケージのインスタントお味噌汁(2食入)

iyonomiso

iyonomiso03

3種類(道後温泉、松山城、しまなみ海道)あります。

miso04

そして、パラダイスプランの雪塩郵送パッケージも手配させてもらったことがあります!

どうしてこの郵送パッケージができたのかというと、中身商品に3つの条件があります。
1)軽い
2)常温保存OK
3)日持ちする
この3条件ですね。

逆に言えば、この3条件さえ揃えば、郵送パッケージは作れる訳です。
クッキー、かりんとう、フリーズドライ商品、レトルトモノ、いろいろ可能性が広がりそうです。

「郵送パッケージを作りたいぞー」という方はぜひお声がけください。
いい感じに仕上げますよー。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × four =

ページの上部へ