顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ
  • チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージとは「ブランドを創るもの」】~街で見つけた4つの商品からの気づき~
2018年06月3日

【パッケージとは「ブランドを創るもの」】~街で見つけた4つの商品からの気づき~

おはようございます。
さすらいのパッケージマーケッターの松浦陽司です。
街角で、道の駅で、スーパーで、サービスエリアで、ボクが見ているものはパッケージのみです(笑)

パッケージって、つくづく「ブランドを創る」ものだと思う。
ちゃんと伝えないといけないし。
ちゃんと方向性を合わしていかないといけませんね。
さらにはお客さんの目に留まらないことには意味がない!

街で見つけた4つの商品から気づきました!


パッケージというのはブランド要素なので、持ってるだけで
「あ、あのパッケージは見たことある!」ってことになるんです。
だから紙袋、レジ袋などに店名ロゴなどを入れるって大切なこと。
カップにだって、入れることができます。
インスタなどでアップされた時も、無地のパッケージじゃどこの店のアイスコーヒーか分からないですもんね。
和田乃屋さんはちゃんとロゴを入れている。さすが!


パッケージを考えるとき、どうしても「かっこいいもの」「かわいいもの」を考えてしまいます。
でも、商品や会社のコンセプトと違ったら、どうしようもないんですよね。
会社の方向性は田舎らしさなのに、パッケージはバリバリ都会派かっこいい。
「うわー、なんかこの商品かっこいい」と買ったお客さんが
パッケージを開封して、がっかりする姿が目に浮かびます(笑)
その点、馬路村はしっかりしてますね。
パッケージも田舎臭さ前回です(笑)


これはパッケージの展示効果を高める一例。
POPを付けるって意外に簡単な工夫なんですよ!

さらにもう一例。


展示面積が手提げを付けることによって、劇的にアップします。
素晴らしいパッケージ制作テクニックです!
手提げ効果も出ますしねー。

<追伸>

こんな感じで楽しいパッケージを紹介してます。
よかったらボクの他のSNSもフォローしてみてね♪

松浦陽司のインスタグラム
https://www.instagram.com/matsuurayouji/

松浦陽司のTwitter
https://twitter.com/p_matsuura

松浦陽司のFacebook
https://www.facebook.com/matsuura.youji

「パケ買い推進委員会」Facebookグループページ
https://www.facebook.com/groups/pakegai/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + 19 =

ページの上部へ