顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ
  • チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【手間かけず、鮮度長持ち、更に高級感ある商品開発】~サンマッシュさんの足付き椎茸パッケージ~
2018年06月30日

【手間かけず、鮮度長持ち、更に高級感ある商品開発】~サンマッシュさんの足付き椎茸パッケージ~

鮮度を取ればチープになる。
見た目重視では手間がかかる。
両方とるのは困難だ。
とかく青果物パッケージはやりにくい。

野菜などのパッケージって、どうも「同じようなモノ」になりがちなんですよね。
トレーに詰めるか
袋に詰めるか
違いはあっても、要するに「中身をよく見せる」ってところは変わらない。
さー、どうやったら、他の野菜と「ん?これは何か違うぞ!?」って識別されるんだろう?

あ、おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。


サンマッシュ櫛渕協同組合の濱田光且社長からのご依頼でした。
「足付き椎茸で、高級感のあるパッケージをつくって欲しい」

では、普通の椎茸をまず考えてみましょう。
トレー入りはこんな感じ。


中身がよく見えるようにしてます。
さらに見た目をよくするために、椎茸の足の部分を切っているんです。

この「足を切る」作業はとっても手間のかかることなんですが、
「店頭で並ぶときの見た目」を重視して切ってあるんですね。

でもね、これってどうなんだろう?
実は足を切ることで「鮮度が落ちるのが早い」んですよ。

じゃあ、足を切らずにがっさり入れたらいいじゃないってことで、袋入りパッケージもあります。


足がついているので鮮度は長持ちです。
でも、こうなると、足があっちこっちを向いて、見た目が麗しくない。
高級感がない。

うーーーーん?
どうしたものだろう?
・・・ということで考えたらのがこちら!


袋全体に「雲龍柄」と言われる模様を施しました。
いかがですか?
パッケージから高級感を感じませんか?

「中身をよく見せる」というのが業界の発想でした。
でもそれじゃ安っぽい。
だからこそ「パッケージを魅せる」という発想に変えたんです。

あ、でもちゃんと雲竜柄に透けて、椎茸も見えるデザインです。
ここがポイントでした。
でも、半透け状態なので、足があっても気にならない!

見た目も高級感があって、足も付いているので鮮度も長持ち!
こんな商品が出来上がりました。
サンマッシュ櫛渕協同組合様!
ご依頼をありがとうございます。

近日、出荷が始まって、関西地区を中心にスーパーなどに並ぶ予定です。
お近くで手に取られたら、ぜひご購入くださいねーーー♪
ボクも購入するのが楽しみです。
徳島でも買えないかな?

サンマッシュ櫛渕協同組合
http://www.sunmush-kushibuchi.jp/
〒773-0018
徳島県小松島市櫛渕町字山口37-7
TEL 0885-35-7150

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 2 =

ページの上部へ