顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【スーパーやまとから学ぶコロンブスの卵的ヒット商品の生み出し方】
2018年09月25日

【スーパーやまとから学ぶコロンブスの卵的ヒット商品の生み出し方】

こうして店は潰れた
~地域土着スーパー「やまと」の教訓~
心して読ませて頂きました。

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

いきなり「破産手続きを開始する」という書き出しで本文が始まるこの著書。
華々しいサクセスストーリーでないだけに、ボクも身につまされる内容。

地域土着を謳うだけに、地域のために?お客さんのために?
常に先頭を切って、努力してきた小林久さんの生き様をまざまざと感じました。

・・・で、書評を書こうと思ったのですが、
単なる書評ではボクらしくないので、パッケージの観点で書評させて頂きます!

この「スーパーやまみ」の名物弁当が「298円」弁当だったそうです。
文章をP122より抜粋すると

★★★★★

(他社は)「これじゃ298円で売れるわ」という価格だけが安い弁当ばかりで、おそらく外注商品だろう。
これではお客さんにサプライズはない。

(中略)
一方、やまとの弁当は片手で持つと、ご飯の重みで斜めに入った仕切りから折れ曲がる。慌てたお客さんは、もう片方の手でそれを支える。そしてその「ずっしり重い価値」を体感するのである。

★★★★★

そうなんです。
「パッケージが折れ曲がる」という体験によって、お客さんが価値を感じているんですね。
「パッケージはしっかりしてないといけない」という固定観念とは違います。

またこんな文章もP125より抜粋すると

★★★★★

もちろん、ご飯が多過ぎるというお客様のご意見は、真摯に受け止める。すぐさま、その半分サイズの「150円弁当」を開始した。
容器も半分、ご飯も半分、豚カツもハンバーグも赤いウインナーも全部半分、そして価格も半分。作業工程は変えずに済むし、新たなアイディアもいらない。ただ半分の量にするだけなので、現場も受け入れてくれた。
よく売れた。

★★★★★

そうなんです。
「パッケージを半分にする」だけでも立派な商品開発なんです!
これって、コロンブスの卵じゃないですか?

以上が、ボクがこのスーパーやまとの本から感銘を受けた、パッケージマーケティング書評でした!

この本の編集担当の笹井さん。
ブログで紹介してくれた増澤美沙緒さん。
ありがとうございました。

 

 

★★★ 今後のパッケージマーケティングセミナー予定 ★★★

 

<大阪>
2018年10月2日(火)
競争するな!共創せよ!~価格競争を脱却するマーケティング事例連発セミナー~

<徳島>
2018年11月8日(水)
<売上アップは簡単でおもしろい!販促の基本まるわかりセミナー>まっすー(増澤美沙緒さん)&まっつー(松浦陽司)

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 5 =

ページの上部へ