顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージに求められる2つの要素 1)チラシ的要素と 2)ブランド的要素】
2018年10月16日

【パッケージに求められる2つの要素 1)チラシ的要素と 2)ブランド的要素】

パッケージには2つの要素がある。
1)チラシ的要素
2)ブランド的要素

どっちを前面に押し出すかは、
その会社や商品のポジションやブランド感によると思うんです。

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

例えば「CCレモン」って言ったら、
あなたもご存じですよね?!

だから、特に説明は要りません。
パッケージはこうなります。


基本的には「C.C.Lemen」と大きく書いてあるのが目立ちます。

補足的に
「ビタミンCレモン50個分」
「純水使用×保存料不使用」とは書いてます。
でも、あまり目立ちません。

ビタミンCウォーターと言えば、
C.C.レモンとブランド化されています。
だから、そんなに説明する必要がないんですね!

では、「キレートレモンCウォーター」はご存知ですか?
こんな商品です。

まあ、CCレモンと比べたら、
認知度が低いこの商品。

パッケージにて説明が必要になります。
つまり、「チラシ的要素」が必要になるのです。

「カラダうるおうレモンの力」のキャッチコピー
「レモンのイラスト」が上下に3つ。
「栄養機能食品(ビタミンC)」の表示。
「1日文のビタミンC、クエン酸3000mg、食塩相当量0.6g」などの記述。

こうやってお客さんに「伝える」努力が必要になってきます。

商品の立ち位置。
ブランドの強さ。
もちろん、商品が安っぽいか高級か?

それによって、パッケージに
1)チラシ的要素
2)ブランド的要素

のどっちを前面に出すのか?
1:9なのか?
5:5なのか?

さじ加減しないといけませんねー。

 

★★★ 今後のパッケージマーケティングセミナー予定 ★★★

<徳島>
2018年11月8日(水)
<まっすー(すごはん増澤美沙緒)&まっつー(パケマツ松浦陽司)コラボセミナー>

 

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − eleven =

ページの上部へ