顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【50人に一人がめっちゃ喜ぶパッケージの仕掛け】
2018年11月11日

【50人に一人がめっちゃ喜ぶパッケージの仕掛け】

「誰も喜ばない2%OFF」を「誰かが飛び跳ねて喜ぶ2%OFF」というブログを昨日書きました。
それは50人に一人無料!
ANAさんの2002年のキャンペーンのお話でした。

では、それをパッケージマーケティングに置き換えると???

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。


養老軒というお菓子屋さんが岐阜県にあります。
こちらで大人気の商品が「ふるーつ大福」です。
うーん、フルーツぎっしりでとっても美味しそう!

さて、大福には付いていることの多い台紙。
このフルーツ大福にもついてます。


でも、無地台紙じゃなくって、
養老軒さんのキャラクターである「小福ちゃん」が印刷されているんですよね。
かっ、かっ、かわいい。


この小福ちゃん、普段は両目をぱっちり開けているのですが、
数十枚に一枚だけ、ウインクしている小福ちゃんがいるんだそうです!

それがこちら!


そう、ウインクした小福ちゃん台紙がでたら「当たり付き」なんです!

この台紙をお店に持っていったら、
ふるーつ大福1個と交換してくれるんですよね!

当たったら、
「やったーーー」ですよね!

ボクだったら、
SNSにアップして喜びを伝えます。

すると、その投稿を見たボクの友達が、
「羨ましいなー、私も。。。」と、
養老軒に小福ちゃんを買いに行くかもしれません。

その友達が、また当たったら
「やったー」とSNS投稿して、
そのまた友達が。。。(笑)

確率は知らないのですが、
仮に50枚に1枚の当たりだとしたら、
2%OFFでこれだけ喜んでもらえる商品が生まれるとは!

50人いたら、50人全員に好かれなくてもいい。
たった一人、熱狂的に喜ばせることができたら、
それは500万人に響くのではないでしょうか?

面白いと思いませんか??

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × four =

ページの上部へ