顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【顧客の欲しいものは何だ?】~顧客は独りじゃない。一般消費者と、その前にバイヤーさん~
2019年01月7日

【顧客の欲しいものは何だ?】~顧客は独りじゃない。一般消費者と、その前にバイヤーさん~

せっかく商品を生み出しても
売れなかったら意味がない。

いや、そもそも
売り場にすら置いてもらえなかったら
チャンスすらない。

この状況って、一体どうしていったらいいのだろうか?

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

冒頭の話は、よくある話なんです。

例えば、とある食品会社が、
新しいお土産の商品を作ったとします。

「これは美味しいし、絶対に売れる!」
そう思って、お土産屋さんにプレゼンに行く。
「これって、めっちゃ美味しいんですよ!」
すると、、、

「それは売れないと思うよ」とか
「うちじゃ、その系統の商品は間に合ってる」とか
「置くスペースがない」とか言われてしまって、
お土産物売り場に置いてももらえない。

うーーーん、こまったもんです。
チャンスすら貰えないとは(泣)

でも、諦めないで。
「顧客は誰?」と視点を変えてみましょう。

「うん?そりゃ、一般消費者でしょう」
こう思った方は、半分は当たりです。
でも、それだけじゃないですよね?

そう、顧客は他にもいます。
ずばり!
「お土産物屋さんの担当者」です!
(いわゆるバイヤーさん)

ええぇぇーーーっと思われても仕方ないでが、
これって重要なポイントです。
一般消費者の前に、バイヤーの壁がある!

そして、バイヤーさんは求めているものが明確です。

バイヤーさんが欲しいのは美味しさじゃない。
売れる商品です。
それによって、お店の売上が上がったらいいんです。

ここに「ズレ」が発生するんですね。
「美味しさ」じゃなくって、
「売れる商品」が欲しいんです。

例えば、徳島の夏時期になると、
バイヤーさんが欲しくなる
「売れる」香りにする商品って何でしょうね??


そうです!
阿波踊り!
この賑やかさがバイヤーさんも欲しいのではないでしょうか?


ハレルヤさんでは「詰10」という
金長まんじゅう5個と金長ゴールド5個の詰め合わせ商品をこのパッケージで販売しておりました。


それをこの阿波踊りバージョンに変えることで
売上前年度4000個のところ、
2018年は7000個売れたとか。


日乃出本店さんのぶどう饅頭!
こちらも2000個の販売計画で、
3000個売れたとか!
大きな実績を残しました!

一般消費者の欲しいもの。
その前に、バイヤーの欲しいもの。
ここを見極めて、パッケージ開発しないと行けませんね♪

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − three =

ページの上部へ