顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【不毛な年始挨拶回りからのおさらば】~大丸本舗さんのお年賀飴~
2019年01月8日

【不毛な年始挨拶回りからのおさらば】~大丸本舗さんのお年賀飴~

営業マンの年始恒例の虚しい作業。
それは「年始挨拶」。

ボクも営業マン時代にはよくやってました。
「あけましておめでとうございます!
いやー、年末年始どうされていましたか?」って。

いやいや、担当者と会えるんだったら、まだいいんです。
問題は担当者が居なかった時。

「年始挨拶にきたぞ」って証拠に
「年始挨拶」ってハンコを押した名刺を置いて帰るようにしてました。
これでミッションコンプリートってわけです。

実際には年始回りは通常の2~3倍のペースで
お客さんを回って行かないと行けない。

そうなったら思いますよね。
「できたら、担当者さん、不在であってくれーーー」

不在なら、名刺を置いて帰れますから。
滞在時間は20秒くらいで済みます。
担当者がいて、席に座ったら少なくとも10分はロスです!

とにかく、不在の会社に名刺を置いて帰る。
これって「年始挨拶」の目的すり替わってないですか?

「普段の感謝を伝える年始挨拶」から
「名刺を置いて帰る」に目的がすり替わってます。
うーーーん、問題だな。

この問題を少しだけ解決するアイテムがあります。


お年賀飴(大丸本舗さんの商品

中身は飴なんですけど、
もうこの商品は飴じゃない!


ケース裏面に名刺をセット出来ます。
まず、「訪問したぞ」ってすり替わった目的は果たせます。


パッケージを開けると、年賀の挨拶。


さらにパッケージを開けると、
飴ちゃんが入っています。
今年の猪がらの飴や、招き猫、大吉などの飴で楽しいい。

そして、、、おや?


なにやら「五縁玉」なるものが入っているぞ?!
解説を読んでみると

「鎌倉五名水のひとつ、銭洗弁天宇賀福神社の「銭洗水」にて洗った五縁玉です。お財布等に入れてお持ち下さい。」

なるほどねー。
ご利益ありそうな五縁玉が入ってる。

単なる名刺だと、捨てられて終わりかも知れません。
でも、これって実際のお金なので、捨てることはありません。

実際にパケマツのクライアントで
「これ、一年間財布に入れて持ち歩いているんですよ」
と言ってくれる方もいらっしゃいます。

これだけインパクトを残したら
「新年挨拶」の意味も良くなるんじゃないでしょうか?

たんなる飴だとこうは行きません。
パッケージを変えて、「お年賀飴」にしてるから、意味があるんですね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four − two =

ページの上部へ