顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ネーミング&パッケージで売上が変わる】~事例を3つ紹介します~
2019年03月13日

【ネーミング&パッケージで売上が変わる】~事例を3つ紹介します~

あなたは商品ネーミングを考えるときに
あっさり考えすぎてはいないだろうか?

「煎茶」なら「煎茶」
「佃煮」なら「佃煮」
「焼肉のたれ」なら「焼肉のたれ」って安易すぎないかな??

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

知ってますか?
「おーいお茶」って大ヒット商品!
実は昔むかーしは「煎茶」って名前で販売されたんです。


画像出展はこちら

1985年に「煎茶」ってネーミングで販売開始されました。
・・・が、あまり売れず。
1989年に「おーいお茶」とネーミング変更!
すると
2017年までに累計300億本を突破する大ヒットになりました。

なんとなく感じますよね。
「煎茶」だと、まあ、どこにでもあるし。
あまりお客さんの心に響きませんよね。

でも、「おーいお茶」のように
相手に呼びかけるような言葉だと、お客様の心に響きやすいんですよね!

「佃煮」で考えてみても面白いですよ。
超ロングセラー商品の「ごはんですよ!

こちらもお客さんに呼びかけるようなネーミング!
お客様の心に響きやすい!

パケマツ事例だとこちら「焼肉のたれ」

うーん、「焼肉のたれ」って何処にでもある。
競合他社商品が多すぎて、買うイメージや食卓のイメージができない。

そこで大リニューアル!


「今夜は焼肉じゃ」

なぜ、この焼肉のたれを商品化しようと思ったか?
そのエピソードを松本隆子会長に聞いて、このネーミングを思いつきました。

「うちの孫がな、“今夜は焼肉じゃ、おばあちゃんのタレで焼肉じゃ”って喜んだんじょー」
・・・で、お孫さんのセリフをそのままネーミングにしたもの。

これもお客さんに呼びかけるようなネーミング!
これでパッケージリニューアルし、
売り上げは6倍になったんですよね!

ぜひぜひ、ネーミングを考えるときは参考にしてみてね♪

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + three =

ページの上部へ