顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 自分の色の趣味でパッケージをつくってよいものか?
2011年09月7日

自分の色の趣味でパッケージをつくってよいものか?

「自分の好きな色をパッケージに使えばいいじゃん」と思っている皆様へ

おはようございます。

昨日は中小企業家同友会のフォーラムで、モクモクファームの木村修社長のお話を聞いてきました。

また、後日、紹介します。


☆☆☆


「味は色に支配されている」


パッケージ松浦 のブログ

色彩の教科書 芝原信著より抜粋


☆☆☆


物事の判断に使われる五感の割合をご存知でしょうか?


視覚 87%

聴覚  7%

触覚  3%

嗅覚  2%

味覚  1%


この数字を見て驚かれる方も多いでしょう。

圧倒的に「視覚」です。

「美味しい」というのも、視覚で感じるものなのです。


同じコーヒーでも、パッケージ缶の色が変わると、味が変わります。


赤…風味と香りが濃い

黄…風味と香りが薄い

茶…風味と香りが強すぎる

青…風味と香りが柔らかい

パッケージ松浦 のブログ



不思議な現象ですね。


皆さんもパッケージを考える時に、色を考えるというのは大変重要です。

「俺は青が好きなんだ!」

こんなパッケージ開発をすると、目指す味に感じてもらえないかも知れません。


明日は売れる4つの色のお話をしたいと思います。

お楽しみに♪

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × two =

ページの上部へ