顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【エコで、オシャレに、コーヒーを飲もう】~バタフライカップでエコシャレ~
2019年03月29日

【エコで、オシャレに、コーヒーを飲もう】~バタフライカップでエコシャレ~

「プラは止めろっ」
「ストロー使うなっ」
環境配慮のために、そのような流れになっています。

でも、ストロー亡き後に、どんなことが待っているんだろう?

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

「じゃあ、ストロー自体を使わないといいじゃない」
そりゃ、そうです。

まあ、実際に既にカフェなどでホットの商品を飲むときに、
ストロー使うわけじゃないんだから!
アイスでもストローを使わなければいいんです。

でも、ちょっと場所をコンビニに移してみましょう。
アイスコーヒーを買います。
カップ本体に、
プラカップと
プラストローがセットにします。


1セット3パーツですね。

使わなくてもいいのに、これは何故か?
理由として「利便性」が挙げられます。

コンビニで買う人は、持って帰るのが前提です。
車に乗せる?
電車内に持ち込む?

その時に、このプラカップという蓋が無ければ、こぼれてしまうのです。
カップにさすストローが無いと、コーヒーが飲めないのです。
うーーーん、これは困りましたね。


それならば、この「バタフライカップ」はいかがですか?


一見、変な形状のこの紙コップ。


まず、付属品が付いている方を折りたたみます。


そして、反対側を折りたたみます。


すると、こんな形になります。

この、ぴょこっと反りあがったところが実は飲み口になります。


ほら、こんな風に。

すると、
ストローを使わなくても飲めて、
プラカップも要らず、
こぼれることもない!
1セット1パーツで、現状と比べたらかなりのエコです!

茶色がアイス用。


黒色がホット用です。


こんな風に、ロゴシールとか貼ると、さらに引き締まりますね。

もちろん、オリジナル印刷も50,000個から製造可能です。

こういったパッケージを導入することで
「ああ、この企業は、エコに力を入れている会社なんだ」
と、お客さんに思って頂くことができます。

「おお、最先端の情報をキャッチしているな」
と、メディアに取材してもらうこともできそうです。


動画で見るともっとよくわかります。

エコに取り組んで、しかもオシャレ!
エコシャレなバタフライカップです!
「興味あるな」と思ったら、お問い合わせくださいね♪

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight − seven =

ページの上部へ