顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージはモノ言わぬセールスマン】~24時間、戦えますか?~
2019年04月9日

【パッケージはモノ言わぬセールスマン】~24時間、戦えますか?~

世界一優秀な営業マンを雇いたい!
そんな風に思われる方も多いはずです。

でも、そんな優秀な人材が中小企業になかなかくるとは考えにくいです。
給料も非常に高いでしょうし。。。(汗)

費用対効果が大切ですから
ざっと
効果=利益/経費  という風に考えると、
人を雇うより、優秀な営業マンがいますよ。

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

「パッケージはモノ言わぬセールスマン」と言われております。
(アメリカのマーケティング用語)

とっても優秀な営業マンであるんです。
棚に置いておけば、24時間365日、文句も言わずに働いてくれます。
店頭ではお客さんに「この商品は素晴らしいですよー」ってパッケージが語ってくれるんです。

どんなに優秀な営業マンでも、一人ひとりを呼び止めて説明はできません。
パッケージだからできることです。


マルブンさんでのパッケージディスプレイ事例

企画デザイン費やパッケージ費はかかりますけど、
人件費的には0円です。

だから
効果=利益/経費  
経費が限りなく0円に近付くので、
効果が限りなく∞円に近付いていきます。

大手企業がパッケージデザインに力を入れるのはこれが理由です。

さらに、パッケージはディスプレイにもなったりします。

アパレル店舗では、こうやってパッケージをディスプレイにすることも多いですね。
ぜひぜひ、ご参考に!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 4 =

ページの上部へ