顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > ネーミングも、数値的権威も、体験の販売も、ばっちりのパッケージシナリオ
2011年09月27日

ネーミングも、数値的権威も、体験の販売も、ばっちりのパッケージシナリオ

「商品の成分表示だけしてればいい」と思っている貴方へ

おはようございます。松浦 陽司です。

昨日も飲みに行ってしまいました(笑)

朝は、しじみのお味噌汁なんていいですねぇ。


☆☆☆


しじみに含まれる「オルミチン」というアミノ酸が酔いに効く。

パッケージ松浦 のブログ

日本人の昔からの知恵ですね。


☆☆☆


今日は単に感心している商品を紹介します。


永谷園 しじみ70個分のちから

パッケージ松浦 のブログ


2009年9月に発売すると品切れ店が続出!

10月中旬から1カ月半は同社でも異例の販売休止とし、供給量を3倍に増やした。
大ヒット商品です!


まず、ネーミングが素晴らしいですねぇ。

きっちりと数字のマジックが効くようになってます。


この商品では、「しじみ70個分」です。

数字をパッケージで訴えることで売上は変わります!


※ネーミングで売上が変わる事例はこちら

http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-10992792927.html


※数字を出すことで売上が上がる事例はこちら

http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11001999849.html


さらに素晴らしいのは、体験を売っているところです。

パッケージ松浦 のブログ


「お酒好きのお父さんに、おもいやりのみそ汁」とパッケージに書いてあります。

そうです。

これを見て主婦や娘が「お父さんのために・・・」というお父さん孝行体験をイメージさせます。

泣かせるシナリオですね!


ちなみに、こちらは主婦などの「料理を作ってあげる」層がターゲットと思います。


パッケージ松浦 のブログ
カップタイプでは、ビールのイラストを入れてます。

こちらは、きっと食器を洗うのも面倒な男性がメインターゲットだと思います。

だからパッケージに、「ビールジョッキ」のイラストも入れて、さらに分かりやすくしています。


いや~。

永谷園さんは泣かせますね。


貴方の会社に数字を出すこと、ネーミングを変えること、体験を売ることで、売上が変わる商品があるかも知れません。

伝わらなければ、ないのと同じ。

パッケージで価値を伝えていきましょう!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten + 20 =

ページの上部へ