顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 世界一くだらない辞書「昆辞苑」が、ファンを作っていきます。
2011年10月23日

世界一くだらない辞書「昆辞苑」が、ファンを作っていきます。

「くだらないものは意味がない」と思っている貴方へ。
くだらないものにも意味はありますね。

おはようございます。松浦 陽司です。
昨日は神戸に居ましたが、大雨で大変でした。

☆☆☆

広辞苑

岩波書店が発刊している中型国語辞典

☆☆☆

以前に「ふじっ子」さんの記事を何度か紹介しました。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11041384318.html

さらに面白い取り組みをしてますね。
それがこれ!

世界一どうでもいい辞書 昆辞苑

ダジャレマーケティングにもつながりそうなこのシール!
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11048686459.html

実は参加者巻き込み型企画です。
この2つ折りシールを開くとこうなります。

昆浴[こんよく]
昆布を浮かべたお風呂に入ること。
昆布の栄養で、お肌がすべすべになり、いい味がでる人になれる。
昔の美女もこぞって入りたがった。
けしてダシをとられているわけではない・・・・・はず
(ペンネーム ゆーみ様)

「昆」をダジャレにして、いろいろと世界一どうでもいい辞書を作って、お客さんを巻き込んでいます。
その一部始終はこちらからご覧ください。
http://www.kurakon.jp/konjien/index.html

こういった巻き込み型の企画は、ファンづくりに非常にいいですね。
それを2つ折りシールにして、パッケージに貼りつけておくことで告知にも、ファン拡大にもつなげます。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − 6 =

ページの上部へ