顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【青木光悦堂さん「ええもんまぜまぜ」パッケージが進化した】
2019年06月19日

【青木光悦堂さん「ええもんまぜまぜ」パッケージが進化した】

<作業性、売り場拡大のためのパッケージリニューアル>

 

京都のお菓子屋
青木光悦堂さん人気商品「ええもんまぜまぜ」シリーズ!

さらに人気を高めるために!
あるいは作業性をよくするために!
売り場を広げるために!
パッケージがリニューアルされました!

果たして、どんなリニューアルだったのか?

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

 

<青木光悦堂さんのパッケージ進化の過程はこちら>

 

STEP1)作業性アップ
STEP2)展示性アップ

この2段階です。

 

<STEP1)作業性アップのパッケージリニューアル>


もともとのパッケージがこちらでした!
京風のかわいいイラストです。

この袋に、6種類のフレーバーシールを準備!
手作業で貼っておりました。

こんな感じですね。

6種類集まるとこんな感じ。

2018年に販売開始!
徐々に売れ筋商品が分かるようになりました。
「つくね」が一番売れていたのですね。

そこで、作業性アップのパッケージリニューアル!

はい、もう「つくね」を印刷してしまいました。
これで、シール代も手貼り作業の内職代も不要になります。
とりあえず、つくねからスタートされました。

まさに、作業性アップのパッケージリニューアルです!

 

<STEP2)展示性アップのパッケージリニューアル>

 

さーて、先ほどのパッケージをよくみてください。

・・・を?
パッケージの上部に穴が!

そう!
フック穴が付きました。

これにより、店頭で吊り下げ展示ができるので、
展示力がアップするのです。

「吊り下げられるならおきましょう」という
売り場も出てくるかも知れませんね!

さてさて、まだボクは販売中の吊り下げ「ええもんまぜまぜ」パッケージを見たことがありません。

京都でこちらの商品を見かけたら、
ぜひ写真を撮って、松浦まで送って貰えたら嬉しいです!

「ええもんまぜまぜ」がさらにたくさんの人に愛されますように!

 

株式会社青木光悦堂
京都府京都市山科区大宅御所田町30-3
075-592-8773
https://aokikouetudou.com/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − 2 =

ページの上部へ