顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 歴史を語るパッケージマーケティング ~サントリー ウイスキー 角瓶~
2011年12月2日

歴史を語るパッケージマーケティング ~サントリー ウイスキー 角瓶~

「うちって、創業は何年だったんだろう?」と思っている貴方へ。
そこに価値を見いだせるかも知れませんよ!

おはようございます。松浦 陽司です。
昨夜は3日ぶりに凛(娘3歳)に会ったら機嫌が悪かった。
ごめんね、今夜は遊ぼうね。

☆☆☆

歴史が売り物になる
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11046436352.html

☆☆☆

歴史は重要なアピールポイントです。
10周年とか、20周年とか、節目は大事ですね。

お客さんが「これだけ長年、愛されているんだったら」と安心します。
選ぶ理由になるんです。

もっと継続的な「歴史の重み」を伝えている商品もあります。


サントリー ウイスキー 角瓶
ラベルに「SINCE 1937」と書かれております。

「あぁ~、1937年からずっと売れ続けているんだ」
そういうことを、さり気なく伝えているんですね。

これだと、イベント的な資材を発生しなくても大丈夫です。
継続的なアピールになります。

自社の商品の歴史を見返してみませんか?
それをパッケージでアピールしましょう。
歴史のあるものがあったりして。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × three =

ページの上部へ