顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【駅ナカコンビニの売り場の劇的変化】~吊るすパッケージが必要とされる時代~
2019年07月5日

【駅ナカコンビニの売り場の劇的変化】~吊るすパッケージが必要とされる時代~

<首都圏 駅ナカコンビニの売り場事情>

時々、東京に行きますが、売り場のコンパクト化がすごいですね。
徳島でもローソンがセルフレジを運用実験開始してますが、
もう、すでに実用されてます。


駅ナカコンビニなどでは、もう堂々と、売り場の外側に設置されてます。
レジ袋もぶら下がっていて、
パスモやイコカで、決済したらそのまま退出!


コンビニ側は、接客するための人員削減にもなります。
お客様側は、人に会うという煩わしさがなくなります。
(ちょっと、万引きとか心配ですけど)
いい仕組みを作ってますね。

<じゃあ、駅ナカコンビニのパッケージ事情はどう変わるのか?>

売り場が非常にコンパクトになっているので、
商品陳列をするために、棚にフックをつけて、吊り下げ展示が増えています。。


こんな感じですね。
吊り下げることで、展示スペースを確保できるようになるのです。

<コンビニに商品を卸そうと思ったら、パッケージは吊り下げ穴を開けておくべき>

・・・つまりですよ。
パッケージが吊り下げられる形状ではないってことは致命的。
コンビニにはおかれる可能性すらなくなるのです。

いえいえ、今は首都圏の駅ナカコンビニが顕著にそうなってますが、
今後、普通のコンビニでも、ひょっとしたらスーパーやドラッグストアでもそうなるかも知れません。

<青木光悦堂さんの「ええもんまぜまぜ」パッケージは穴付きにリニューアル>


最初はこんな形で作った「ええもんまぜまぜ」パッケージ!
2019年6月にリニューアル!


フック穴付きになりました!
これで、棚に吊り下げ展示が可能になりました!

こうやって、パッケージを時代の変化に合わせて
リニューアルしていくって大切ですね!

株式会社青木光悦堂
京都府京都市山科区大宅御所田町30-3
075-592-8773
https://aokikouetudou.com/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six + 5 =

ページの上部へ