顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > ちょっとした秘密をパッケージに添えて口コミを広げよう ~カゴメ 野菜一日これ一本~
2011年12月8日

ちょっとした秘密をパッケージに添えて口コミを広げよう ~カゴメ 野菜一日これ一本~

「シリーズ品はみんな一緒のデザインで良いんだよ」という貴方へ。
例え同じシリーズ品でも、ちょっとずつ違いますよね。
それをパッケージで表現しましょう。

こんにちは。松浦 陽司です。
最近、朝が暗いので起きれなくなってきました。
いかん!気合を入れ直さないと!

☆☆☆

人は「これ知ってる?」を人に喋りたい
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-10922811809.html

☆☆☆

カゴメの「野菜一日これ一本」っていいですよね。
これ一本飲んどけば、一日の健康が保たれるって、パッケージで直ぐに分かります。

 

大型サイズがありますよね。

PETの大きいもの
 

紙パック
 

よく見てください。
実はネーミングが変わってます。

「野菜一日これ一杯」になってます。
「一本」が「一杯」に変わってます。

さらに詳しく見ると、キャラクターが飲んでいる容器が、
小さい紙パックだと、紙パックです。
大きい「これ一杯」の方は、コップで飲んでいるんです。

細かいですねぇ~。
ネーミングも、イラストも、誰が気づくかって話です。

でも、これを知ってしまった貴方!
どうです?
もう既に、人に喋りたくなってません(笑)?
「これ知ってる?」って、人は喋りたいんですよね。

こんなちょっとした秘密をパッケージに添えて、パッケージマーケティングはいかがでしょう?

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × four =

ページの上部へ