顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > ボスのいないボスがあったって知ってました? ~缶コーヒーのボス サントリー~
2011年12月10日

ボスのいないボスがあったって知ってました? ~缶コーヒーのボス サントリー~

「毎日、毎日、本当に忙しくて仕方ない」という貴方へ。
たまにはホット一息いかがでしょう?

おはようございます。松浦 陽司です。
今日から寒いらしいですね~。
風邪には気をつけましょう。

☆☆☆

☆☆☆

上の☆の間の空白はお休みです。
理由はこれからお話します。

BOSSというネーミングには2つの意味が込められているそうです。
ひとつは、「自分が心を開いて語り合える相棒」
もう一つは、「いつかは自分も」と思い描く将来の自分像。

 

様々なシリーズ品があり、必ずこの頼れる男の横顔がついております。
BOSSのブランドですね。

でも、この相棒がついていなかったBOSSが存在することをご存知でしょうか?

 
2008年 ボスの休日 サントリー

なんと!パイポが浮かんでいるだけ!
相棒がいない!

「休日に味わう贅沢なエスプレッソ」がコンセプトで開発されました。
キャラクターの相棒にも休日を与えちゃったわけです。

裏面にはこんな風に書かれています。

「たまの休みは仕事を忘れ
エスプレッソの香りに酔う
まろやからミルクにとろける
ゆったり楽しむボスの休日」

なんだかお洒落ですね~。
ボスのキャラクターがしっかりと確立できているからできるデザインです。

「パイポだけのボスがあったって知ってる?」と自慢できますね。
口コミを生むパッケージマーケティングですね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − one =

ページの上部へ