顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 100年先を考えたパッケージマーケティング ~サントリー 赤玉スイートワイン~
2011年12月11日

100年先を考えたパッケージマーケティング ~サントリー 赤玉スイートワイン~

「私、飲めないから、飲み会は参加しません」という貴方へ。
飲めない人は、注いで回ったらいいんですよ!

おはようございます。松浦 陽司です。
実は昨日から3家族旅行中です。
総勢9名で大騒ぎ!
(父母、妹夫婦に子供2人、私の家族)

☆☆☆

受け継がれる記号
赤玉スイートワイン サントリー

☆☆☆

サントリーの赤玉スイートワインはなんと1907年から発売!
100年を超えて愛されるロングセラー商品です。
(昔はポートワインという名称)

そのロングセラーを支えているのが、やっぱりラベルのロゴでしょう。
「赤玉スイートワイン!ここにあり!」としっかり訴えられています。

ラベルは時代と共に変わっても、この「赤玉」だけは絶対に変わることはなかった。
長く売れ続けるためには、「変わらないもの」も必要なんです。
全く違う商品みたいにリニューアルすることは、避けた方がいいんですね。


現在でもしっかりとこの赤玉は継続。
そして、ラベルには「Since 1907」と書かれ、しっかりと歴史も訴えています。

※歴史を訴えることが重要な他の記事
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11095290425.html
 

シリーズ展開も、しっかり赤玉です。

このように長く人に認知してもらうためには、パッケージマーケティングも非常に重要です。
今から100年後を考えた商品開発をしてみませんか?

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + one =

ページの上部へ