顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 歴史と正直さを伝えるパッケージマーケティング ~秋鹿酒造 秋蔵倉垣村~
2011年12月12日

歴史と正直さを伝えるパッケージマーケティング ~秋鹿酒造 秋蔵倉垣村~

「パッケージデザインはとにかく派手に、イラストや写真を使って」と思っている貴方へ。
それよりも伝わりやすい、伝わるパッケージにした方がいいですよ。

おはようございます。松浦 陽司です。
有馬温泉三家族旅行は良かったです!
今日からまた仕事を頑張ります!

☆☆☆

歴史を語るパッケージマーケティング
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11095290425.html

☆☆☆

「20周年」とか、
「Since 1907」とか、
歴史を語ることで、お客様がその歴史を買ってくれます。
何年も続いていることが、愛されている証だからです。

歴史を感じるいいデザインの日本酒がありました。

 

秋鹿酒造 秋蔵倉垣村

ラベルに大きく「明治拾九年十月廿日(はつか)」や、「倉垣村」と記されています。

明治19年(1886年)に実際に交付された「酒類製造免許鑑札」をそのまま表しました。
倉垣村とは、創業当時の地名です。
なんと、文字だけのデザインなんです。

この活字ばかりのデザインで、非常に歴史や、正直な酒蔵の姿勢を感じます。
日本酒が陳列された時に目立ち、伝わりやすいパッケージデザインになっています。

 
どうです?
一杯、やりたくなってきませんか?

画像でははっきり分かりませんが、
赤、黒、金の印刷は全て箔押しというこだわりもあるんです。

歴史を伝える、
正直な姿勢を伝える、
文字だけのパッケージ。

そんなパッケージマーケティングもありますね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven + sixteen =

ページの上部へ