顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【さとの雪さんのV字回復の軌跡】~食品の価値は美味しさだけではない~
2019年07月31日

【さとの雪さんのV字回復の軌跡】~食品の価値は美味しさだけではない~

<さとの雪食品 売上高100億円突破>

徳島の誇るお豆腐屋さん
さとの雪さんが徳島新聞で大きく取り上げられていました!
2018年度の売上高が100億円を突破したそうです。
すごい!

<豆腐の価値は美味しさだけなのか?>

豆腐業界のみならず、
食べ物をやってるところは
「御社の豆腐の特徴は?」って聞かれて
「美味しさです」と答える人は多いんです。

でも、これじゃ、なかなか他社と差別化ができないんです。
「美味しい」がもはや、標準装備で、当たり前になっちゃってる。

それじゃ、さとの雪さんはどんな風にして売り上げを伸ばしてきたのか??
それは美味しさ以外の価値!
「機能性」を重視していることです。

<さとの雪さんの差別化戦略>

ボクが一番すごいなと思うのが「冷六」の豆腐です。

豆腐をよく見てみると、、、
おお、とうふを波型にカットしているんです!

まず、カットしているので「カット要らず」
そして、このカットが波型なので表面積が広くなって「醤油がからみやすい」のです!

きちんと、パッケージでこのことは伝えてます。
お鍋の画像を使って、シーンも伝えてますよね!

<夏は「冷六」、冬は「鍋八」で売上アップ>

こちらの豆腐は夏冬で商品が切り替わります。

夏は「冷六」
冬は「鍋八」

ちなみに、鍋八は「味がよくからむ」が特徴ですね。

どちらの商品もよく売れていると聞いていたのですが、
徳島新聞を見て、改めて「すごい」と感じざるを得ませんでした。

2010年度から続く業績のV字回復を支えているのです。

<他社との違いを生み出すには?>

さとの雪さんの冷六、鍋八は「波型カット」で
「美味しさ」以外の価値を打ち出してきました。

お客様の声をよく聴いているのでしょうね。
さすがです!

さとの雪食品
https://www.satonoyuki.co.jp/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × one =

ページの上部へ