顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 君はプッチンプリンを食べられるか?食べられないか? 
2011年12月23日

君はプッチンプリンを食べられるか?食べられないか? 

【君はプッチンプリンを食べられるか?食べられないか?】

「食べ物にギャンブル要素は必要なし」と思っている貴方へ。
ゲーム感覚くらいならどうでしょうか?

おはようございます。松浦 陽司です。
昨日は、つるぎ町商工会に呼んで頂き、パッケージマーケティングセミナーを行って参りました!
大熱演!

☆☆☆

パッケージに遊び心を
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11094324400.html

☆☆☆

皆さん、ご存知のプッチンプリン(グリコ)です。

 
ご存知の通り、パッケージの底部にあるプッチン棒を「プッチン」するとプリンが落ちます。
このストンと落ちる気持ち良さが、美味しさを増幅する、シズル感を高める工夫なんです。

このプッチン棒をプッチンしても、プリンが落ちない場合があるんです。
知ってましたか?
それがこちら!

 
分かりますか?
プッチン棒が4本あるんです。
こちらの商品は「運だめしプッチンプリン」と言います。

4本のプッチン棒の中で、1本だけしか当たりがありません!
笑っちゃいますね。

友達や家族と一緒に「プッチンできた方が食べようね」などゲーム感覚で楽しめます。

 

「やったー!私が食べれる!」
「えぇ~!俺が食べれないなんて」

パッケージに遊び心を。
こんなパッケージマーケティングで、楽しい(悲しい)体験ができそうですね(笑)

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 3 =

ページの上部へ