顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 市場を4倍にする雪印6Pチーズのパッケージマーケティング
2011年12月26日

市場を4倍にする雪印6Pチーズのパッケージマーケティング

 

「小分けなんて面倒くさい」と思っている貴方へ。
面倒なことほど、他社が真似しないからいいかも知れませんよ。

おはようございます。松浦 陽司です。
昨日は凛(娘3歳)へのサプライズ・サンタクロースプレゼントが成功!
... 大喜びしてくれて良かった!

☆☆☆

オズボーンのチェックリスト法

商品開発に悩んだら、↑を検索してみてください。

☆☆☆

昭和の初め、チーズは高価で珍しい食べ物でした。
昭和3年ごろのチーズの国民一人当たりの消費量は1kg。

ところが、現在は2倍の2kgです。
当時の人口が約6200万人、今が約1億2700万人。

人口が2倍×一人当たり消費量2倍=全体の消費量は4倍になってます!
(※人口数値は統計局HPより類推)

その爆発のきっかけってなんだったんでしょう?

それは雪印6Pチーズ(雪印メグミルク)!

 

1954年(昭和29年)に発売!
食べきりタイプの個包装で登場しました!

するとその食べやすさが国民にうけました。
食事だけでなく、おつまみ、間食、おやつに、果ては学校給食!
様々なところで採用されました。

つまり、「パッケージを食べやすいように切っただけ」で、
雪印6Pチーズが、
・・・いや!
チーズ消費量が、チーズの文化が広がったのです。

パッケージは「チーズがちゃんと6個入ってますよ」と分かるようなデザインです。
しかも剥がしやすいイージーオープンです。

チーズ市場を4倍にした素晴らしいパッケージマーケティングです

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

1 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    松浦陽司 すみません。
    チーズの昔の消費について、私の見た文献と実際が違っております。
    http://www.meg-snow.com/cheeseclub/knowledge/history/japan/
    実際には昭和26年まで一人当たりの消費量は10g未満。
    消費が増えたのは、ピザやケーキの普及によるものもあるとのことです。
    一因が全てであるような書き方をして、大変、失礼しました。
    ご指摘を頂いた岡野勝志さん、有り難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − one =

ページの上部へ