顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【成熟期か、成長期か、それによってパッケージマーケティングが変わる】
2012年01月9日

【成熟期か、成長期か、それによってパッケージマーケティングが変わる】

【成熟期か、成長期か、それによってパッケージマーケティングが変わる】

「うちの商品は成熟期だな」と思っている貴方へ。
次の展開を考えてみませんか?

おはようございます。松浦 陽司です。
パッケージ松浦は連休2日目です。
今日は何しよう?

☆☆☆

ロゴやパッケージの統一でブランド認知率を上げたペティオ(ヤマヒサ)
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11126119221.html

☆☆☆

昨日はペティオのブランド認知率を上げたパッケージマーケティングの話でした。
では、ブランド認知率が上がった後のペティオのパッケージはどうなったでしょう?

認知率が上がる前のパッケージはこんなでした。

 

ロゴが上部に堂々とあります。

 

どの商品でも、この「上部に大きく」で統一することで、ブランド認知率を上げました。

さて、ではブランド認知が上がった後はどうなったでしょう。

 

おっと!ロゴが小さくなってます。
なぜでしょう?

 
ブランド認知が進んだので、最近では商品特徴の情報量の割合を増やしています。
これによって、個別のブランドを強化していくという別のステージに入っているのです。

 

成長期か、成熟期か、
それによってパッケージマーケティングも変わるということです。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − ten =

ページの上部へ