顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【あなたはお湯を沸かすのに使うのは「やかん」?それとも「電子レンジ」?】
2012年01月26日

【あなたはお湯を沸かすのに使うのは「やかん」?それとも「電子レンジ」?】

【あなたはお湯を沸かすのに使うのは「やかん」?それとも「電子レンジ」?】

「時代に合わせろって、いったいどうやって?」と思っている貴方へ。
電子レンジのことを考えてみましょう。

おはようございます。松浦 陽司です。
今日は昨日の話の続きです。

☆☆☆

カップヌードルごはんはレンジ対応
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11145647296.html

☆☆☆

知ってます??
日本の電子レンジ普及率は95%!
しかも、若者の一人暮らしにおいては、調理器具は一切持っていない人も多い。

お客様が来て熱いお茶を出す時も、
もはや、ヤカンではなく、電子レンジで温める時代なのです。
興味深い話ですね。

日清食品さんはここに目をつけ、
常温保存できる電子レンジ食品を考えました。
日清食品さんは時代を先駆けようとしたんですね。

それが昨日もでてきた「Go Fan」です。

 
ただし、即席食品としては売れませんでした。
即席食品は「お湯で3分」というイメージが強すぎたんですね。

そして、昨日紹介した「カップヌードル」のブランド資産価値を活かし、
カップヌードルごはんが生まれたのです。

 

カップヌードル=即席食品
このイメージで、「レンジで即席」の壁を突き抜けての大ヒットです。

カップヌードルごはんが売れたお陰で、「レンジで即席」が定着しつつあります。
お陰で「GoFan」が再度、売れ始めるという還流が起こっております。

時代を作るのは難しい。
けれども、時代を切り開くために色々とした努力は、きっと身を結びますね。

日清食品さんのパッケージマーケティングのチャレンジに、私は敬意を表します。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − 3 =

ページの上部へ