顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージはモノ言わぬセールスマン ~広告媒体としての、いいちこパーソン~】
2012年01月29日

【パッケージはモノ言わぬセールスマン ~広告媒体としての、いいちこパーソン~】

【パッケージはモノ言わぬセールスマン ~広告媒体としての、いいちこパーソン~】

「パッケージはゴミ!捨てやすくするのが一番!」とだけ思っている貴方へ。
もちろん、正解です。
でも、逆の考え方もありますよ。

こんにちは。松浦 陽司です。
今朝は凛が早起きだったので、こんな時間になりました。

☆☆☆

絶対に捨てられないパッケージ
いいちこフラスコ (三和酒類)
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11111863062.html

☆☆☆

先ほどの商品は、「捨てるのに勇気がいる」というコンセプトで開発されました。
事実、飲み終わっても捨てる人はほとんどいないそうです。
つまり、いつまでも家で、テーブルの上で、「いいちこ、いいちこ」とアピールしてくれているんですね。

なんと!私の親戚である和泉智子さんは
「焼酎は飲めないけど、パッケージが欲しい」で購入したそうです。
そんなニーズも生みますね。

この三和酒類さんの他の商品でもこんなのがあります。

 

いいちこパーソン 

こちらのコンセプトは「広告媒体としてのパッケージ」です。

こちらも美しいパッケージですね。
なんとこのボトルが完成するまでに2年かかっているそうです。

 

写真では分かりにくいですが、
表が凸、裏が凹の形状をしています。
キャップはアルミがいい。

まったく、大量生産に向かないんです。
つまり、ガラス会社は「やりたくない」パッケージだったんです。

でも、三和酒類さんの熱い思いで、なんとかやり遂げたんですね。

 

5年後、某フレグランス(香水)会社がパクって殆ど同じパッケージの商品を開発したとか(笑)

こういった「広告媒体」コンセプト商品を、貴方の会社でも1つ創ってみては如何でしょう?
そんなに売れる必要はないのです。
ただし、絶大なブランド形成、企業イメージアップ、広告媒体になること間違いなしです。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 13 =

ページの上部へ