顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【南アルプスの天然水のエコパッケージ】~環境への負荷を小さく~
2019年09月22日

【南アルプスの天然水のエコパッケージ】~環境への負荷を小さく~

<南アルプスの天然水のパッケージによるエコ活動>

この間、山梨に行った時に立ち寄ったサントリーの工場見学!
サントリーさんのエコ活動の勉強をしてきました。

実際に、ペットボトルにお水を入れるところを見たのですが、、、
あれ?
ペットボトルじゃないぞ?
なんだ、この物体は?


アップの撮影忘れで、手書きで、すみませんっ(汗)
プリフォームって言うらしいんだけど。。。

<プリフォームがペットボトルに変形する>

実はこれがペットボトルになります!
製造過程で機械にセットされて、
熱やら、空気を吹き込むとかで、膨らませます。


そして、型で固めることで、
ボクたちのよく知るペットボトルの形状になります。


※この画像の左側の小さいのがプリフォーム。
右側のが完成形ペットボトル。

<なんで、そんなことするの?>

でも、ちょっと変ですよね。
ちゃんとしたペットボトルの状態で
パッケージを仕入れたら、別にサントリー社内で膨らませなくてもいいのに?
なんで、こんな面倒なことをするんでしょう?

その正体は「運送」にありました!

<二酸化炭素を減らす工夫~環境への負荷を小さく~>

ペットボトルのまま運ぶと、めっちゃでかい!
すると、トラックがすぐに満杯になっちゃう(汗)

これを「プリフォーム」の状態で運ぶことで
ペットボトルで運ぶと約10台のトラックが必要なところ、
1/10の1台で済んじゃうんだそうです。


なるほどなー。
こんなところから、環境に配慮してるんですね。

<他の環境配慮>

・国産最軽量ボトル
・国産別途ボトルの中で最も薄いラベル

など、他にも多数、めっちゃ配慮してます。
詳しくはサントリーHPより。
https://www.suntory.co.jp/eco/teigen/package/

サントリーさん!
親子ともども、勉強させて頂いて、ありがとうございます。

今度はウイスキー工場に見学に行きたいっ(笑)

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × four =

ページの上部へ