顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージのディスプレイ化でお客さんに知らせる】~あぺたいとの両面焼きそば~
2019年10月15日

【パッケージのディスプレイ化でお客さんに知らせる】~あぺたいとの両面焼きそば~

<あぺたいとで久しぶりにランチ>

2019年10月2日(水)
ボクは東京にいました。

ランチは「あぺたいと月島店」の両面焼きそば!
ちょっと豪華に生卵と旨辛ネギをトッピング!

飯野オーナーが30年かけて開発したこの味。
両面焼きそばなんで、両面焼いてます。
パリパリ食感が旨い

<あぺたいとの「両面焼きそば」は日本全国で手にはいる>

こちらの「男麺」は通販可能!
B級グルメ好きな人なら食べて欲しい!


「両面焼き」という、通常と違う焼き方をして作ります。
ぱりぱり食感がたまりません。

これを食わずして焼きそばを語ることなかれ!
焼きそばに魅せられた男が30年追求した究極の焼きそばが手に入る!!
https://apetaito.shop/

こだわりのつくり方は、パッケージ裏面にしっかり記入されております。

読むのが面倒な方は、
動画解説のQRコードもついてますよ。
https://apetaito.shop/

<パッケージの面白い使い方>


ちょっと撮影を忘れてしまったのですが、
パッケージをディスプレイのように店の至る所に展示してて、
この使い方がいいですね。

お客さんに
「あ!お取り寄せもできるんだ!」
と気づいてもらえます。

<パッケージをディスプレイとして使うとは?>


マルブンさんではこんなふうにパッケージディスプレイしてます


アパレルなどでは、ギフト箱パッケージをディスプレイに使います。

話は最後にちょっと反れましたが、
ぜひぜひ、あぺたいとの両面焼きそばをお楽しみくださいね♪

あぺたいと(有限会社アペタイト)
本店 高島平店 (他にもあります)
〒175-0082 東京都板橋区高島平7-12-8
http://www.apetaito.com/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight − seven =

ページの上部へ