顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【うまい棒(やおきん)は1979年の販売当初っからノスタルジーを醸し出している】
2012年03月21日

【うまい棒(やおきん)は1979年の販売当初っからノスタルジーを醸し出している】

【うまい棒(やおきん)は1979年の販売当初っからノスタルジーを醸し出している】

おはようございます。松浦 陽司です。
商品や会社のコンセプトと、パッケージは密接な関係にあります。

うまい棒(やおきん)は、1979年に発売。
その当初から、レトロなパッケージを使っています。

問答無用で、ノスタルジーを感じますね。

これは会社と商品のコンセプトによるもの。
うまい棒は1本10円(場所によっては9円)で売られている安価商品。
やっぱり、親しみやすさが重要なんです。

 

子供が手に取りやすい親しみのあるパッケージ。
大人が駄菓子屋などで見た時に「懐かしいな、買おうかな」と思わせるパッケージ。
こんなパッケージが大事になります。

ちなみに、この二頭身のキャラクター、・・・なにかに似てません?

そうです。
ドラえもんです(笑)

ちなみに、やおきんさんから答えは明らかにされていません(笑)(笑)
世の中には秘密の方がいいものがあるってことですよね。

中小企業の置き換える勝手にコンサルコーナーです。

商品を開発するときには、やっぱりまず、商品コンセプト。
それにターゲット、価格、
ロングセラー商品にしたいのか、短期的でいいのか、
いろいろ考えて、パッケージも総合的に開発しないといけません。

うまい棒を1000円で売り出したら、
・・・今のパッケージではダメですよね。
コンセプトによって、まるで商品もパッケージも変わります。

☆☆☆

昨日のフルーツパンチのネタ
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11198003227.html

それと今日のネタは、友人である
船井総研 上席コンサルタント 福本アキラさんのブログにインスパイアされて書きました!
http://ameblo.jp/akira-fukumoto/entry-11194668270.html

福本アキラさんは船井総研でコンサルしながら、
皮ジャン大好き!
ハーレー大好き!

 

なのに、ハーレーを持っていない!
大型免許も持っていない変わった人です(笑)

上席コンサルって、船井総研のTOP30人くらいに入らないとなれないそうです。
すごい。
でも、そんなことを微塵も感じさせない人です。

福本アキラさん、有り難うございました。

福本アキラさんのブログ
http://ameblo.jp/akira-fukumoto/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × five =

ページの上部へ