顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【愛を語るより、名前を語ろう】~おつまみ研究所の「伝おつ」~
2019年12月5日

【愛を語るより、名前を語ろう】~おつまみ研究所の「伝おつ」~

<名前を呼ばれると嬉しい>

名前というのは、人が生まれながらにして持っているもので、
名前を呼ばれて嬉しくない人はいません。

「カクテルパーティー効果」

騒がしいパーティーのような時にも、自分の名前ははっきりと聞こえるそうです。
それだけ自分の名前に注意が行くんですね。

「ネームコーリング効果」

名前を呼ばれることで、信頼関係を高めることができるのです。
心理学的にも一番心地がいいと感じるのが自分の名前だそうです。

ちなみに、かの有名な経営者である松下幸之助さんも、
人に語り掛けるときには、
「木野くん、木野くんや」と、何度もその人の名前を呼んだことで有名です。

<愛を語るより、名前を語ろう>

・・・という訳で、単に話しかけるときに、プラス名前を呼ぶといいですねー。

△ 「ちょっと、リモコンとって来て」
○ 「凛ちゃん、ちょっとリモコンとって来て」

 

ってな感じです。

手紙だと当たり前ですよね。
「桑原様へ   ・・・   松浦より」なんて。
必ず、相手の名前は書くものです。

そして、ちょっとした品を渡すときもそうですね。
名前を書くだけで、貰った人の嬉しさが10%か20%増しになっていきます!

<プチギフトに名前を>

さて、おつまみ研究所の「伝おつ」はそれに最適な商品かといえます。

・いつもありがとうございます
・お疲れ様でした
・ほんの気持ちです

3種類の感謝の気持ちを表すパッケージに、おつまみが込められています。
そして、この商品についている「Dearシール」がいいんです!

こんな風に、送る人と、受け取る人の名前を書いて貼ることができます。

こんな風にして、袋に貼って
そっと机の上に置いておけば、
貰った人が何もなし袋でもらうより、かなり嬉しいはずですね。

まあ、何も書いて無かったら
そもそも誰から貰ったかもわからないかも知れませんが(笑)

こんな風に、プチギフト+名前で、
人間関係をよくしていきませんか?

おつまみ研究所の
「気持ちが伝わる 気持ちを伝える おつまみ&おやつ」
略して
「伝おつ」を宜しくお願いします!

楽天ページ
https://item.rakuten.co.jp/e-oyatsu/gift-016/
https://item.rakuten.co.jp/e-oyatsu/gift-017/

おつまみ研究所の土江拓也社長!
ありがとうございます。

パケTube動画解説も宜しくお願いします。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + fifteen =

ページの上部へ