顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【伝統文化をパッケージにすることで、文化の継承にもなるし、パッケージ買いも起こる】
2012年07月3日

【伝統文化をパッケージにすることで、文化の継承にもなるし、パッケージ買いも起こる】

【伝統文化をパッケージにすることで、文化の継承にもなるし、パッケージ買いも起こる】

おはようございます。松浦 陽司です。
昨日の缶パッケージの話がフェイスブック上で好評でした。
(昨日の話 http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11292110181.html )

・・・ということで、予定外ですが、今日はその続きを。

マトリョーシカ人形
ロシアの木製の人形。
大きい人形の中に、ちょっと小さい人形が、その中にちょっと小さい人形が・・・

このマトリョーシカ人形を商品化した缶パッケージがあります。

 
ペコちゃんのマトリョーシカです。

 
キャラクターと伝統文化の融合ですね。

 
こういった試みで、
「パッケージ自体が商品を買いたい理由」になります。
しかも、文化継承もできますので、一石二鳥です。

今は空前のキャラクターブームです。
マトリョーシカ缶パッケージを、地元のキャラクターで作ってみてはいかがでしょう?

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + 8 =

ページの上部へ